JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

今、ものすごく精神状態がおかしく心療内科を受診しようと考えています。 銀行勤務の課長職にある40代女性です。

解決済みの質問:

今、ものすごく精神状態がおかしく心療内科を受診しようと考えています。
銀行勤務の課長職にある40代女性です。

休暇を 取る前に挨拶したところ「ずっと休んでいて良いよ」と言われ「私は必要ありませんか」と訊くと否定せずにやっとわらいました。別の上司に相談したところそれを報告され「同情をひこうとするな!次長に相談してももみ消されるだけだぞ!冗談だったのに休みを取ることに負い目があるからそんな思い込みをするんだ」と言われました。
その少し前に、同僚の事を私に向かって批判したあと、「あんな奴いらねぇよ」と吐き捨てていました。

「鬱になったら辞めてもらう」などの発言もあるのですが、こういうことはパワハラになりませんか?

支店長と会話すると過呼吸を起こすようになりました。
支店長は私の被害妄想だと言います。
ショックを受けた言葉を「そんなこと言ってない」とも。同席していた上司も「聞いていない」と。

誰にも相談出来ずにいます。
決して大きな問題にしたいと思ってはいないのですが、いつ何を言われたのか記録を残したほうが良いとも聞きました。
今後仕事をしていくうえで注意したほうが良いことはありますでしょうか?

アドバイスを頂けたら助かります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。元銀行員ですので、ご相談者様のお悩みは理解できているつもりです。

 

まずは労働問題の専門家としての回答をさせていただきます。

上司の方の発言はパワハラです。

今後の仕事上での注意点として、以下の2点を挙げたいと思います。

①パワハラの記録をしておく

ご相談者様がおっしゃいますように、記録をしておくことが大事になってきます。「いつ」「誰が」「どこで」「どのような発言」「誰が同席」等の詳細をメモや日記で残しておいてください。(できればレコーダー等での録音ができるといいのですが)

記録を残しておく理由は2つあります。

(1)パワハラで労基署や裁判に訴える際の証拠

(2)パワハラによる労災認定を申請する際の証拠

 

②心療内科の受診はきちんと受けてください。そして会社での出来事などもちゃんと話して、医師との意思の疎通を図ってください。上記①(1)(2)の際に医師の診断書も必要になります。きちんとした診断書を作成してもらうためにも、医師とのコミュニケーションは密にとって下さい。

 

以下は元銀行員としての余談として聞いていただけたら幸いです。

私は得意先係をしておりましたので、成績がよければちやほや、悪ければパワハラは当たり前の世界でした。胸ぐらをつかまれたり灰皿が飛んでくるのは日常茶飯事でした。しかし私の場合は上司の言う事は右から左でしたので、灰皿が飛んできた当日にその上司とお酒を飲みに行ったりしていました。

ご相談文から、ご相談者様が仕事に熱心で真面目な方であることがよくわかります。真面目であるがゆえに上司の言う一言一言を真剣に受け止めてしまい、苦しんでおられるように感じられます。

ご相談者様の上司ともなれば、バブルに踊った叩き上げの方々が大半だと推察します。いくら銀行がコンプライアンスだ、と声高に叫んでもその年代の人達には「パワハラ」「セクハラ」の意識はとても薄いものだと思われます(もちろん立派な人もいます。あくまで私の私見です)。

ご相談者様もいい意味でもう少し「適当」になられたら楽になると思いますよ。「また言ってるよ。しょうがないな、時代遅れの支店長!」くらいに上から目線で見下ろせる気持ちになれればいいのではないでしょうか。私の在籍時代も真面目な人ほどうつ病を発症していました。肩の力を抜いてもう少し気楽に取り組まれたらよろしいかと思いますよ。

 

いずれにしても、上記①(1)(2)は万が一に備えて行動されますよう、お願いいたします。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問