JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

常勤嘱託として勤務していますが、回勤を繰り返し私的外出に使っていたこと及びそれが職責に反した行為都なっていたため、出

解決済みの質問:

常勤嘱託として勤務していますが、回勤を繰り返し私的外出に使っていたこと及びそれが職責に反した行為都なっていたため、出勤停止5日の懲戒処分を受けました。再雇用契約は期間満了まで守られますが、更新は難しいと言われました。人事委員会の判断だそうです。やはり契約更新はほとんど難しい状態でしょうか? 東京在住 ミナミ
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

私的外出と職責に反した行為、が具体的にわかりませんが、やはり職務中の私的行動は会社からの制裁に値してしまう行為です(なぜなら労働の提供がないにもかかわらず、給与が発生している。労働契約で就業時間は会社が労働者を労務のために拘束できるからです)。

重い制裁を科す会社ですと、即契約打ち切りをする所もあります(労働者の違反のため)。会社が契約更新は難しい、と判断した以上、従うより仕方がない状況です。

 

ご相談者様として、今回の決定に不服がある、契約更新してほしい、という強いお気持ちがおありでしたら、労働基準監督署の総合労働相談コーナーに相談してみた方がよろしいかと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問