JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

当社の出張精算において、帰社、もしくは帰国時点から1カ月以内に報告書・出張精算を提出しなかった場合、 一割カットと

解決済みの質問:

当社の出張精算において、帰社、もしくは帰国時点から1カ月以内に報告書・出張精算を提出しなかった場合、
一割カットという規定があります。
今回、海外出張において、さまざまな理由はあったものの、結局1カ月の期限が過ぎてしまい、8万円を超える
金額がカットされてしまいました。
罰金に相当するであろうこの規則は、法的に問題はないのでしょうか?
また、払い戻ししてもらうことは可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
出張と言うわけですから会社からの命令に対して出張する訳です。そのため出張に関する費用については会社が持つのは当然の話でしょう。
就業規則等によって、制裁として減給を定めることは可能ですが、その場合であっても1回の 額が平均賃金の1日分の半額を超え、その総額が1賃金支払期間における総額の10分の1を超えてはならないとされています。

そのため今回のケースのような規則は法的に問題があると云わざるを得ません。当然ながら払い戻しも可能でしょう。会社へ今回のケースは労働基準法違反に該当するようなので、支払いをしないのであれば労働基準監督署へ相談するしかないと交渉してみてはいかがでしょうか。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問