JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

昨年12月よりスーパーマーケットに勤務しています。 3月中旬頃から忙しくなり、、一ヶ月以上、休日がありません。

解決済みの質問:

昨年12月よりスーパーマーケットに勤務しています。
3月中旬頃から忙しくなり、、一ヶ月以上、休日がありません。
毎日、朝6時半から深夜12時近くまで働いています。
店長から、タイムカードは午後4時に退社の打刻をするようにいわれています。
また、売り上げがよくないにで、休む暇はないぞともいわれています。
睡眠不足、体力も限界で、やめたいのですが、上司に
売り上げがこんなに悪いのに止められるわけがないだろうといわれました。、
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

退社時刻のタイムカードを午後4時に打刻させるというのは、サービス残業をさせるためにしているのでしょう。このような会社はサービス残業が違法であることを知りながら社員に強要するブラック企業のようです。

 

いくつか問題点があるようです。
1.残業代に関する取扱い
時間外労働については原則として1日8時間を超えた場合に割増賃金(残業代)を支払う必要があります。
会社がタイムカードを改ざんして取扱うよう指示しているようですので、メモ書きでも結構ですから、1日ごとの出社、退社の時間を記載しておくようにしましょう。

 

2.休む暇はないぞとの発言
法律では1週間につき1日以上、または4週間で4回以上の休日を与える必要があるとされています。
会社は休日出勤を命令することも可能ですが、原則として過半数労働者の代表と書面による協定を結び、かつ実際に休日出勤がある場合には、休日出勤手当を支払う必要があります。

 

3.退職について
退職をする際には法律で原則として2週間前に予告しなければならないとされています。そのため退職の申し出をしてから2週間が経過した場合に労働契約が終了することになります。
また、使用者は暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。とされています。退職することは憲法にも定められた権利ですから安心して退職してください。

 

なおこれらの相談については労働局や労働基準監督署にある総合労働相談コーナーがありますから、未払い残業代の請求等も併せて相談されるとよろしいでしょう。

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問