JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

5年前に前職にて上司にパワハラを受けうつ病になりました 3ヶ月の休職願いを診断書と一緒に提出したのですが、「休んでい

解決済みの質問:

5年前に前職にて上司にパワハラを受けうつ病になりました 3ヶ月の休職願いを診断書と一緒に提出したのですが、「休んでいる間のお前の仕事は誰がするんだ」といわれ退職を余儀なくされました 今でもその上司が夢に頻繁に出てきて毎日辛い思いをしています その上司に対して慰謝料の請求などできるのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

職場でのパワハラによるご心痛、お察し申し上げます。

 

まず結論から申し上げます。

慰謝料の請求は可能です。パワハラ及び退職強要、完全なる違法行為です。

 

では具体的な慰謝料請求手段です。

①内容証明郵便にて「上司及び会社に対して精神的苦痛のよる損害賠償」を請求します。

上司に対しては、

精神的苦痛を与えられたことによる慰謝料請求

会社に対しては、

労働契約法第5条の「安全配慮義務」違反

民法第415条の「債務不履行責任」

民法第709条の「不法行為による損害賠償」

民法第715条の「使用者責任」

民法第719条の「共同不法行為者の責任」

 

に基づく損害賠償です。

 

②損害賠償請求に上司や会社が応じない場合ver1

労働基準監督署へ「申告」して会社に対する指導・是正勧告を出してもらいます。労基署ではおそらく「あっせん制度」の利用を勧められることかと思います。

「あっせん制度」・・・・国が指名したあっせん委員が間に入って和解の調整を行います。通常の裁判と違い、費用がかからず期間も短く決着します。あっせんによる和解の大半が金銭的解決です。

 

③損害賠償請求に上司や会社が応じない場合ver2

裁判を提起して損害賠償請求することになります。②で触れたあっせんに会社が応じることなく裁判になった場合、会社の心証が悪くなるようです。ですので、まずはあっせんでの解決を図るのが第一で、裁判に持ち込むのは、あっせんで解決が出来なかったり会社が応じなかった場合の最終手段と考えた方がいいでしょう。

 

 

その他事項

損害賠償を請求する内容証明郵便に関しては、個人で作成して送付することも可能ですが、内容が過激になる傾向があり、かえって脅迫ととらえられてしまう危険性があります。弁護士や行政書士といったプロに作成を依頼するのが安全確実です。

他には、ご相談者様はパワハラによりうつ病を発症(うつの既往歴なし)したのでしたら、労災認定される可能性もあります。診断書を書いてくれた医師に相談して、労働基準監督署に労災申請を行ってください。

先に労災認定が出るようですと、損害賠償請求もスムーズかと思われます。会社の業務によって発症したことを認めてくれているわけですから、当然損害賠償でも考慮されますので。

労災が認定されなかったら損害賠償が出来ないわけではありませんので、その点はご安心ください。

まず初めに労働基準監督署へ赴き、労災申請及びパワハラ・退職強要の事実の通報をされるべきです。

 

 

 

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問