JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

今年3月末日付で、残存している有給休暇をすべて消化する形で前の会社を退職しました。3/25付の給与明細では「有給休暇

質問者の質問

今年3月末日付で、残存している有給休暇をすべて消化する形で前の会社を退職しました。3/25付の給与明細では「有給休暇残存日数:10日」とあったため、その分は4/25付の給与として支払われるものと考えておりましたが、実際には支払われませんでした。前の会社の人事総務担当者に照会すると「精算する規程がないので支払えない」という回答が来ましたが、このような屁理屈は成立するのでしょうか。雇用法の観点ならびに関連判決事例からご教示をお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
雇入れの日から起算して6ヶ月間において、またはその後は1年ごとに勤続年数に応じた労働日数を加算した有給休暇を与えなければならないと労働基準法第39条に定められた労働者の権利です。そのため退職する際であっても給休暇を消化する形で申し出たのであれば、当然ながら有給休暇を取得することが出来るわけです。

また有給休暇の期間の賃金については、労働基準法第39条7項に就業規則その他これに準ずるもので定めるところにより、平均賃金若しくは所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金又はこれらの額を基準として厚生労働省令で定めるところにより算定した額の賃金を支払わなければならないとされています。

そのため、有給休暇の申し出に対し賃金の支払をしないことは、労働基準法第39条並びに労働基準法第24条に定める賃金の全額払いに違反することになります。

会社の言い分はこれらの労働基準法違反であり到底、成立するものではありません。
もし支払わなければ労働基準法違反として労働基準監督署へ申告するば、会社へ是正勧告されるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります。早々のご回答ありがとうございました。

 

前職の担当者から下記のような回答がありましたが、

規程以前に法令違反であるという理解・認識でよいでしょうか。


>有休の件ですが、納得できないのは理解いたしますが、
>弊社の規程では、買い取りという有休制度にはなっていないので
>対応はできかねます。と言うお答しか申し上げられません。
>規程にないものを支給することも弊社としても本末転倒に
>なってしまうこととなります。
>大変申し訳ありませんが、ご理解いだたきたくお願いいたします。

再々申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります。早々のご回答ありがとうございました。

 

前職の担当者から下記のような回答がありましたが、

規程以前に法令違反であるという理解・認識でよいでしょうか。


>有休の件ですが、納得できないのは理解いたしますが、
>弊社の規程では、買い取りという有休制度にはなっていないので
>対応はできかねます。と言うお答しか申し上げられません。
>規程にないものを支給することも弊社としても本末転倒に
>なってしまうこととなります。
>大変申し訳ありませんが、ご理解いだたきたくお願いいたします。

再々申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
ご質問内容について私の方で認識違いがある可能性があるので整理して改めてご説明させて頂きます。

有給休暇を消化というのは例えば退職日まで労働日数が残っている部分に対して取得することは労働者の権利として前回回答させて頂いた通りです。
つまり 有給残日数が10日残っていることに対して少なくとも退職日については、10日先の日付けである必要があります。

一方退職日までの日数が有給休暇の残日数を下回っている場合は、残念ながら会社が買取をすることまで法律は求めていません。そのため会社の説明は法令違反には当てはまらないことになります。
ご質問者様に誤解を与えたようであればお詫びいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

takatsukasa先生

 

 

ご回答ありがとうございます。Wi-Fiの電波が今一つよくないところから

さきほどの質問をだしたことから、重複した形になってしまい、

失礼いたしました。

 

本件、以下のような事情です。

退職日付は3/31です。有給休暇の日数は実際に休み始めた日(3/13)から

起算して、上記退職日付までの営業日数(14日分)に合致するように

していました。

上記14日分の有給休暇を退職前に申し出ました。

それで、最初の質問にも記載しましたように、3/25付の給与明細では

「まだ10日分の有給休暇が残存している」旨の記載があったため、

これは締日の関係で3/25の給与には反映されず、翌月分に回されるもの

という理解をしていたというわけです。

従って、「消化しきれなかった有給休暇の余剰分を買い取ってくれ」

ということを申し上げているわけではありません。

 

再々申し訳ございませんが、上記を踏まえていただき、改めてご見解を

伺えればと存じます。よろしくお願い申し上げます。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
3/13日の時点で14労働日の有給休暇が残っていと3/25付けの給与明細で10日分の有給休暇が残っているというのは3月は土日のみ休みで16日が締め日という計算なのでしょうか。

いずれにしても退職日まで14労働日が残っており、その期間について有給休暇を申し出たにもかかわらずその期間の給料の支払が無いのであれば、会社の対応には問題があるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

takatsukasa先生

 

 

早速ありがとうございました。

もう一度、担当者に照会してみます。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
分かりました。回答に納得されましたらご承諾をお願いします。

雇用・労働 についての関連する質問