JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

12年勤務した職場を3月いっぱいで退職しました。有給休暇消化で「籍があると次の人を配置できない」的なことを聞いていた

解決済みの質問:

12年勤 務した職場を3月いっぱいで退職しました。有給休暇消化で「籍があると次の人を配置できない」的なことを聞いていたし、忙しい現場なので遠慮して3月いっぱいで退職することにしたのです。しかし給料の〆日が20日のために、3/21~4/20分の給料明細に「20日欠勤」と「有給残日数31.5日」の記載が。欠勤減額という計上にしなければならないのでしょうか。いつもとりにくい有給休暇。毎年20日以上捨ててきたので最後ぐらい不利にならないように教えてほしかったと思いますが、会社の規約を見たこともない私が悪いでしょうか。退職金明細書の支給内訳も「退職金換算額×係数」と金額だけの通知だったので。「係数」って何のことでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社の不誠実な対応、ご立腹の事とお察し申し上げます。

 

①有給休暇

有給休暇は会社によって労働者に与えられるものではなく、労働基準法により労働者に当然に与えられる権利です。ですので、「有給が余っているよ」「有給を使えばいいじゃない」と労働者に告知や周知をする義務は会社にはないのです。

ご相談者様が有給休暇を請求したのに会社が拒んだのでしたら、会社の違法行為(労働基準法違反)です。逆に言えば会社に対して有給休暇を請求しなかったならば、それは労働者の権利放棄というだけで終わってしまう問題です。

会社の規約(就業規則)は従業員がいつでも閲覧できるように備え置く義務が会社にはあります。それを見る見ないは労働者側の問題です。

会社がいつでも従業員が就業規則を閲覧できる状況にしていなかったら違法です。

 

②退職金の係数

退職金は会社の就業規則に算出方法を記載する義務がありますので、そこに書かれているものと思われます。就業規則を見る見ないの問題は前述の通りです。

会社の対応は違法ではありませんが不親切です。

金額の算出方法を確認された方がよろしいかと存じます。

ちなみに係数とは会社が算出方法の中で決めた掛け目の事です。

 

(例)

勤続年数1年から10年  係数 1.2

勤続年数11年から20年 係数 1.4

 

というように会社が退職金換算額にかける数字(係数)を就業規則で定めているのです。

就業規則の中の退職金規定という所に記載しているものと思われます。

繰り返しになってしまいますが、就業規則の事は会社に確認された方がよろしいようです。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問