JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

人員増員を理由に正社員からパートへの降格を強制的に指示されました。時給に関しても、現在の半額以下。このような要求は正

解決済みの質問:

人員増員を理由に正社員からパートへの降格を強制的に指示されました。時給に関しても、現在の半額以下。このような要求は正当なものなのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます

 

 

貴方のケースは労働条件の不利益変更に該当すると考えられます。

労働契約法第8条により「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる」とされています。

 

また、過去の判例では、「個別の合意には、それが労働者の自由な意志に基づいてされたものであると認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在するときに限り有効である」とされています。

強制的に変更など許されません。

 

 

つまり、貴方が同意しなければ会社は労働条件を変更することはできませんが、貴方のほうも一方的に拒み続けていても会社に居づらくなるなどの影響が出てくると思います。

(仮に解雇してくるのであれば解雇権の濫用になり不当解雇として訴えます)

 

よって、貴方も会社の言い分をある程度理解し、話し合いによってあることろで折り合いをつけるしかないでしょう。

上記の法律条文を引き合いに出し、その中でパートへの変更は受け入れる代わりに、時給の再検討、変更までの猶予期間を設けるなどを交渉されていってはいかがでしょうか。

 

 

会社が話し合いに応じない、一方的に労働条件を変更してくる、または話し合いの結果がどうしても貴方の納得できないものであるときには第三者(行政)に間に入ってもらう方法もあります。

そのような場合は労働基準監督署内にある、総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によっては会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

また、国に間に入ってもらい話し合いの場を作ってくれるあっせん制度が利用できます。

あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、あくまで和解による解決を目指します。

 

貴方の会社に労働組合がなければ地域ユニオンに加入し、交渉していく方法もありますが、地域ユニオンによっては交渉方法が過激なところもあり、会社との関係性を悪くしかねないので慎重にご検討されるとよいでしょう。

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

先のご質問に対して回答させていただいたのですが、ご確認していただけましたでしょうか?

 

専門家としてご質問内容から判断できる範囲で回答させていただいたつもりですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたら、ご返信にてご指摘ください。

 

再度回答させていただきます。

雇用・労働 についての関連する質問