JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

先ほどの『単身先の突然死』の件ですが、アドレスを記入していませんでした。 申し訳ございませんでした。 初期料金は

解決済みの質問:

先ほどの『単身先の突然死』の件ですが、アドレスを記入していませんでした。
申し訳ございませんでした。
初期料金は クレジットにて入金済みですので、宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

おそらく操作の誤りで質問自体の記載がないので、再度質問の記載をお願いできますでしょうか。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

何度も申し訳ございません

こちらに記入箇所があることに、今気づいたので、内容を明記します。

昨年の夏、単身赴任先の借り上げ社宅で主人が突然死しました。52歳でした。

勤務地は東京渋谷区で住んでいたマンションは横浜にありました。

発見されたのは、同僚の方で、携帯に連絡をしても繋がらないことに不安を感じられたのでしょう。

死因は『心不全』であり、業務内容との因果関係を証明できるものはありません。

お世話になっている税理士の方から、「労災の申請はされないのですか?」と言われて思い立ったことなのですが、このような場合でも申請をすることは可能なのでしょうか?

 

 

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答いたします。

 

労災申請し、労災と認定されるには心不全と業務の因果関係が必要になります。

 

心不全であれば、過労が原因である場合もあります。

 

厚生労働省より、脳・心臓疾患の認定基準が出ていますので参照してください。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/0112/h1212-1.html

 

まず、担当医師に貴方のご主人の心不全の原因が過労である可能性があるのか確認してみてください。

 

そして、可能性があるのであれば、会社からおおむね6ヵ月間のご主人の労働時間がわかる出勤簿等をもらってください。

 

出勤簿等にも記録のないサービス残業等があるかもしれないため、その場合はご主人の同僚等に過重労働がなかったか聞き取りをして確認してください。

 

1ヵ月に100時間以上又は2カ月平均して80時間以上時間外労働等があったことがあれば、過重労働によるものとして、労災認定される可能性はあります。

 

その時は、会社に相談し労災申請を労働基準監督署にしてください。

 

会社が過重労働を認めないことや協力してくれないこともあるので、その時は出勤簿等を持参して労働基準監督署で労災申請の相談をしてください。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問