JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

現在、世田谷区のベストハンズという整体院で働いています。契約は責任者として昨年10月に入社しました。昨日の事なのです

解決済みの質問:

現在、世田谷区のベストハンズという整体院で働いています。契約は責任者として昨年10月に入社しました。昨日の事なのですが、売り上げが上がらない事と、会社側の言うことに対して意見をして素直に従わないので、1ヶ月後に辞めろと言われました。 売り上げに関しては、今まで稼ぎ頭であった院長が、昨年の10月から働く日を減らし、今月からは柔道整復師の学校に通い出した為、働く日にちは週に3日、それに加え14時からの出社になり、指名客も殆んど来なくなり、そのせいで売り上げは確実に落ち込んでいます。その現実を言っても一切聞く耳を持たずに私に一方的な責任を押し付けて来ます。会社に従わないという件に関しては、色々なイベントを組む時に会社側の条件を聞こうとして、質問をすることが気に入らないらしく、一々口答えをするなという言葉が返ってきて、話し合いができる状態にならないのが現状です。社長は気に入らなくなると、パワーハラスメントとしか思えないイジメで私が入社してこの半年で4人辞めさせて、3ヶ月後に他の店舗の責任者も辞める予定になっています。かれに関しては私にはっきりと、言う事を聞かないので辞めて欲しいと言っていました。今回は同じ内容の事を私に言ってきました。これは、不当解雇にあたらないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

職場でのご苦労ご心痛、お察し申し上げます。

 

まず不当解雇であるかどうか、会社が「解雇」と通告してきた時に決まるものです。今回は「辞めてほしい」という発言ですので、「不当解雇」ではなく「退職勧奨」です。

もちろん退職勧奨に従う必要はありません(従うのも自由です)。

では会社が「解雇だ」と通告してきたらどうなるか、「言う事を聞かないから」が合理的理由になるかどうかが争点となります。営業に支障を来すほどご相談者様が経営者の業務命令を聞かないのであれば正当な「懲戒解雇」になる可能性もございます(この点は労働基準局等の公的第三者が判断することですのでここでの議論はいたしません)。

 

しかしご相談内容からだけでみると、「質問するのが気に入らない」程度から社長が短気を起こして「解雇」となると、不当解雇であるといえましょう。しかもパワハラの事実があるとなると、なおさら会社側不利です。

 

しかしふてくされながらも「いつまででもいいから、ずっといてください」と言っているのですから、社長の短気が収まればそれでいいのでは、と感じております。

 

不当解雇となったらもう直接交渉のしようがないので、労働基準監督署や都道府県労働局に申告して、第三者機関に介入してもらってください。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

しかし、パワハラによる退職への追い込みや、重箱の隅をつつく様な上げ足取りは、仕掛けてくると思われます。どの様に対処していけば良いのでしょうか。回答で頂いた事を踏まえて労働局か基準局に早めに相談したほうがよろしいのでしょうか。その場合、会社が所在する都道府県への相談になるのですか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

深刻な問題です。

 

会社の所在地を管轄する労働基準監督署へ「申告」して下さい。

それにより会社に対して労働局長の指導・勧告が行われます。

さらに労基署が「あっせん制度」の利用を勧めてくるかと思われます。(もし話が出なかったら、ご相談者様から切り出してください)

あっせん制度はあっせん委員が間に入って和解を勧める制度で費用はかかりません。今までのケースですと、金銭での和解解決がほとんどです(ただし労働者はさすがに会社に残りづらいので退職するケースが大半です)。

 

早い段階でいいので、労基署の総合労働相談コーナーへいかれますよう、お願いいたします。お話をうかがっていると、労働者が直接話で解決できる相手ではなさそうですので、公的機関に介入してもらいましょう。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問