JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

1月下旬から、医師よりうつ病と診断され療養のため休職しました。3月下旬に医師より復帰に問題無いが、一応段階的復帰にし

解決済みの質問:

1月下旬から、医師よりうつ病と診断され療養のため休職しました。3月下旬に医師より復帰に問題無いが、一応段階的復帰にし、会社と話すのが良いとアドバイスされましたが、会社とは先週の木曜日にやっと会えました。その場で言われたのは、5月7日より段階的 復帰。5月は無給とし、同時に役職も解除し、6ヶ月間の期間を持って戻すかどうか判断する、とのことでした。これは一般的なのでしょうか?休職中は会社から状況確認など一切なく、同時に傷病申請もされていない事が4月に問い合わせわかった次第です。
私にこの状況は、昨年秋にストレスから2度、大腸憩室炎で緊急入院をし、そのご、職場復帰しましたが、会社からの勧めで某大学病院の神経科に行きましたが、極度のストレスと判断されました。その後、会社の人事には話をしましたが何も対処がなく、自分で病院を4つほど行き、最後の病院で今の診断をし、療養をしました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

休職に関しては労働基準法に明確な定めはなく、会社の決まり(就業規則)に従うことになります。

 

復職に関しても診断書を参考に会社が決定することができます。

医師のアドバイス通りに段階的に職場復帰させるということなので会社の対応は適正だと考えられます。

 

役職解除などの人事の裁量権は使用者にあり、人事権の行使は使用者の判断で可能です。

もっとも、使用者に付与された裁量権の範囲を逸脱し、社会通念上著しく妥当性を欠く場合には、権利濫用として無効となるとされていますが、ご質問内容を前提にすると今回のケースは権利濫用には該当しないと考えられます。

6カ月間の期間をもって役職を戻すかどうか判断することも問題はないでしょう。

 

「5月は無給とする」という点ですが、あくまで5月は休職中という扱いにし、本格的な復職に向けてのリハビリ勤務として扱うのでしょう。

勤務するというより、復職に向けて会社が場所を提供するということです。

もちろん、無給ですので貴方の納得を得たうえで会社も行う必要があります。

 

 

また、休職中に給与が支払われていなかったのであれば健康保険の傷病手当金を請求できます。

5月中の無給の期間も本来の業務には堪えられない状態であれば傷病手当金を請求できます。

通常は休職した分をまとめて、もしくは本来の給与支払いに合わせて1カ月ごとに会社が申請します。

傷病手当金の請求権の時効は2年間で今からでも十分に請求はできますので、再度会社に確認してみられるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
5月の無給勤務は復職の場とは説明を得ておらず、現在の疾病以外(風邪等)で休んだ場合でも、その復職のスケジュールはずれると説明をされています。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

ご返信内容から判断すると貴方の会社には休職から復職する際の復職プログラムのようなものがあるのではないでしょうか?

 

先の回答でも述べさていただいたように、労働基準法に休職に関する定めはないので、会社独自の定めに従うことになります。

 

貴方が問題とされていることはどのようなことでしょうか?

5月中の勤務に対して給与が支払われないことでしょうか?

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
会社には復職のプログラムは存在しておりません。スケジュールは主治医のアドバイスものです。問題としているのは、一ヶ月の主治医からのプログラムは他の疾病が起こったとしてもスライドし、無給期間も同時にスライドされることです。そもスライドに関しては傷病手当は付きません。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

主治医は貴方の体調を総合的に勘案してのことだと思いますが、そのスライドに関して傷病手当金が付かないというのは誰が言っていることでしょうか?

 

療養のため、労務不能(本来の業務に堪えれない)、給与が支払われないのであれば傷病手当金は請求できます。

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
傷病手当はつかないと人事部長からの話をされております。言われた時は、保健師(カウンセラー)も同席し、私の現在の症状をインタビューに同席をされていた時に言われました。カウンセラーからは傷病手当は手続きを今までされているのかと問いがあり、その時人事は手続きをしていなかったので、現在申請をしていると話をしましたが、手続きの書類を入手したのは先々週の週末で、先週の火曜日に主治医に記入してもらい提出しましたのが現時点での状況です。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

傷病手当金の申請は実際に会社を休んだ後にします。

現在申請しているのは今まで休んだ日についてやっていると思うのですが、5月分の傷病手当金の申請は6月以降にすることになります。

 

 

また、傷病手当金の受給要件として労務不能というのがあるのですが、これは必ずしも医学的基準で判断するのではなく、「本来の業務に堪えられるかどうか」について社会通念に基づき判定されます。

会社の人事部の方はこれを知らない方が多いようです。

逆に、医師の指示又は許可のもとに半日でも出勤し本来の業務を行う場合には、支給されません。

人事部長とはそこの認識の違いだと思いますので、5月の段階で貴方がまだ本来の業務に堪えられないのであれば人事部長にそのことをお話ししてみるとよいでしょう。

 

 

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問