JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

昇給について お尋ねします。 51歳の給与担当者です。4月の定期昇給で昇給していただけなかったので 理由を役員に尋

解決済みの質問:

昇給について お尋ねします。 51歳の給与担当者です。4月の定期昇給で昇給していただけなかったので
理由を役員に尋ねたところ 「女性は50歳から 男性は55 歳から 昇給はしない!!」と言われました
男女に年齢の開きがあるのはなぜかと尋ねたことろ「会長が決めた事だから…」と明確な理由については教えていただけませんでした
不景気で昇給なんてと思われるかもしれませんが 今期も黒字の決算になります
勤務態度が悪いとか 仕事の上で大きなミスがあったとか明らかにそうであっても仕方がないという理由があるのならともかく 年齢でひとくくりにされるのは 納得がいかなくてお聞きします

尚 50歳を境に給料を見直す との文言が給与規定にありましたもちろん男女の差については記載がありませんでしたが わたしの言い分は無謀なのでしょうか?   大阪在住 51歳 女性
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

まずは昇級の有無についてですが、労働基準法89条で、昇級に関する事項は就業規則に記載しなければならない絶対的必要記載事項になっています。就業規則に「女性は50歳から、男性は55歳から昇級しない」と記載されていますか?

記載されていたとしても、労働基準法4条にて、女性であることを理由として賃金について男性と差別してはならない、と明確に定められております。

そして就業規則は労働者に周知しなければいけないものです。いつでも閲覧できるように備え付けておかなければいけませんし、労働者にとって不利益な変更がされた場合もその内容を周知させなければならないとされています(労働契約法9条、10条)

 

ご相談者様の言い分が正しいのです。

 

「会長が決めたことだから」では子供の言い訳です。

話し合いで改善されないようでしたら、労働基準監督署や都道府県労働局に持ち込まれることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません もう一度 お尋ねします

就業規則には

1. 50歳を境に給料を見直す

2、55歳から 現行給料を20%(だったかな?)減給する

3、60歳から 55歳時給料よりさらに20% 減給すると 記載があったように思います

 

これまで 定年前の社員に慣例的に減額が行われてきましたが

(全員ではありませんでしたが…) 就業規則に乗せているとは思いませんでした

 

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

就業規則に記載されているから、全てがそれに拘束されるわけではありません。

 

1.50歳を境に給料を見直す ⇒抽象的な表現なので特に問題ありません。

2.55歳から現行給与を○○%減給する ⇒減給というのは「制裁処分」です。ご相談者様がおっしゃるように労働者側に非があれば制裁で「減給」や「降格」もあり得るでしょう。就業規則であらかじめ給料が下がることを予定しても、それは無効です。終業規則に記載があっても労基法他諸法令に定める最低基準に満たないものはその部分を無効とする、とされています。

3・2と同様です。

 

しかも就業規則の周知も図られていないのであれば、なおのことそのような不利益変更は無効となります。

制裁以外で給与を減給できるケースは不景気等の社会情勢や会社の業績悪化により企業努力をしたがやむを得ない状況、であるならば減給が認められるケースがあります。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問