JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

45歳女性です、サウナ風呂の受付をしています。朝9:00から翌朝9:00までの24時間勤務で、休憩時間はありません、

解決済みの質問:

45歳女性です、サウナ風呂の受付をしています。朝9:00から翌朝9:00までの24時間勤務で、休憩時間はありませ ん、食事休憩15分とったら勤務時間も15分延長してくれと言われました。休憩時間に外出もできません。労働契約書もくれません。とにかく働きたいと思って応募しましたが・・・。24時間勤務で日額9000円です。最低賃金以下になるのでは?
労働基準法のことはよくわかりませんが、どうしたらいいでしょうか。疑問に思っていることを率直に責任者に言えない雰囲気があります、嫌なら辞めてもいいよって感じです。法的に何とかならないでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

使用者は労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩を付与する義務があります。

(労働基準法第34条)

 

 

また、労働契約書もないということですが、使用者は労働契約の締結に際し、以下の労働条件を書面の交付により明示しなければならないことになっています。

(労働基準法第15条)

 

1、労働契約の期間に関する事項

2、就業の場所及び従事する業務に関する事項

3、始業・終業の時刻、所定労働時間を超える労働の湯無、休憩時間、休日、休暇に関する事項

4、賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払いの時期に関する事項

5、退職関する事項

 

 

また、労働時間に関しては労働基準法第32条に1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。

(労働基準法第32条)

これを法定労働時間といいます。

会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

さらに使用者は法定労働時間を超える労働時間に対しては時間外労働手当を支払う必要があります。

貴方は時間外労働手当がしっかりと支払われているのでしょうか?

また、貴方の仰るように最低賃金の問題もありそうです。

 

 

労働基準法違反をしている会社は単に知らないでやっている場合と、はなから守るつもりもない会社とあります。

>嫌なら辞めてもいいよって感じです、このような発言があるということは貴方の会社は後者に該当するのではないでしょうか?

 

単に知らないでやっている会社は労働基準法違反を指摘し、改善を求めればよいのですが、そもそも労基法を守るつもりもない会社は労働者が改善を求めても応じてくれませんので、労働基準監督署に申告する必要があるでしょう。

労働基準法違反を労働基準監督署に申告すると会社に指導・是正勧告がなされます。

 

匿名で申告することもでき、下記のURLからはメールで情報も送ることができます。

また、会社に調査に入る時は申告監督ではなく、定期監督という名目で入ってもらうようお願いすることもできます。

(メールだと実際に行政が行動を起こしてくれるかはわかりませんが)

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

 

 

従業員が少ない会社だと、たとえ匿名などで申告しても使用者が犯人捜しをする可能性も否定できませんので、ある程度の覚悟をもって行う必要があります。

他の従業員の方も同じ思いをしているのであれば協力して行動を起こすのもいいでしょう。

 

 

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問