JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

会社の命令で過重労働を半年あまり強いられ体を壊しても泣き寝入りしかないのでしょうか?

質問者の質問

会社の命令で過重労働を半年あまり強いられ体を壊しても泣き寝入りしかないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

 

また、過重労働というのは長時間労働に伴うものでしょうか?

労働時間に関しては労働基準法第32条に1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。

これを法定労働時間といいます。

会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

さらに使用者は法定労働時間を超える労働時間に対しては時間外労働手当を支払う必要があります。

貴方は時間外労働手当がしっかりと支払われているのでしょうか?

 

休日に関しても労働基準法第35条により、使用者は労働者に毎週少なくても1回の、もしくは4週間を通じ4日以上の休日を与える必要があります。

 

 

上記のような労働基準法違反に対しては労働基準監督署に申告することにより、会社に指導・是正勧告がなされ、時間外労働手当も2年前まで遡って請求できます。

 

 

また、体を壊されたということですが、業務上の事由による負傷、疾病などは労災申請ができます。

通常は会社が手続きをしてくれるのですが、会社によっては労災を認めたくないため、なかなかしてくれないところもあります。

そのような時はご自分でも申請ができますので労働基準監督署にご相談ください。

労災が認定されれば、上記の使用者の安全配慮義務違反などを訴え、損害賠償を請求しやすくなります。

 

 

以上、ご質問内容から判断できる範囲で回答させていただきましたが説明不足であれば、より詳細をご返信いただければ再度回答させていただきます。

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

先のご質問に対して回答させていただいたのですが、ご確認していただけましたでしょうか?

 

専門家としてご質問内容から判断できる範囲で回答させていただいたつもりですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたら、ご返信にてご指摘ください。

 

再度回答させていただきます。

雇用・労働 についての関連する質問