JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

採用に関して質問です。 採用する側からですが、 ①労務トラブルを起こしやすい人は大体どんな特徴や共通点があります

解決済みの質問:

採用に関して質問です。
採用する側からですが、
①労務トラブルを起こしやすい人は大体どんな特徴や共通点がありますか?
②履歴書のどこをチェックする必要がありますか?
③労務トラブルとしては、大体どんなことが起こりやすいですか?

特に中途採用に関してです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。

 

重要な問題ですね。

①共通して言えることは、就業規則に関して異常に関心を示す人ですね。給与がいくらになるか、残業はどれくらいか、程度の事は誰でも聞いてくるのですが、その他の細かい部分にまで関心を示す人は、後々労務トラブルというよりも労務問題で会社の揚げ足をとってくる人が多いのではないでしょうか。

単純に労務トラブルを起こしやすい人というくくりでいえば、言葉遣いが荒い人、態度が横柄な人、がその可能性が大きいように思います。

 

②履歴書で注意すべき箇所は、過去の勤続年数と空白期間の長さではないでしょうか。

一つ一つの会社の勤続年数が短い人は、長く勤続できない何かがあるものと思われます。(こらえ性がない、人付き合いができない等)

会社と会社の間の空白期間が長い人も、何か問題を抱えている可能性が高いと思われます。空白期間の行動を面接で確認すべきでしょう。

 

③労務トラブルと言っても様々ですが、①のような言葉遣いの荒さ、横柄な態度が従業員同士のコミュニケーションを阻害したり、パワハラに繋がる危険性があるようです。あとは配属(部署)に関して、「その業務をやるとは聞いていない」というトラブルも結構多いです。面接時には事細かに業務内容を伝えて、できる限り雇用契約書に詳細を記載するようにした方がリスクは低くなります。

 

募集をして即決するのではなく、できる限り多くの希望者と会って、どなたを採用するかの選択肢を広げた方が無難です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

特に女性の採用にあたって、問題を起こさないかどうか?見抜くポイントはないでしょうか?

近年わがままなまま年齢があがる女性が増えており、そうなる前に採用の段階で見抜く方法を考える必要がないかと考えています。

スーパーで万引きして通報されるような人も中にはいます。

 

つい、女性だと見る目が甘くなりがちな気がします。

雇用・労働 についての関連する質問