JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

現在介護施設で働いておりますが、日々サービス残業の毎日で、従業員も次々と辞めていきます。 夜勤のできる職員の不足で

解決済みの質問:

現在介護施設で働いておりますが、日々サービス残業の毎日で、従業員も次々と辞めていきます。
夜勤のできる職員の不足で、毎日夜勤。準夜勤の繰り返しです。また時間前にも30分から1時間仕事をして、サービス残業もほぼ毎日1時間から2時間はあります。
ブロック長に関してはさらにその他の仕事で長く働いていますし、会議等で夜勤明けでも休みの日でも出勤しなければならないし、おまけにその手当も交通費も支払われません。

勤務時間は日勤A 7:00~16:00
       日勤B 10:30~19:30
       準夜勤C 15:30~0:30 
       夜勤D   0:00~9:00
ですが、ローテーションの決まりごとかD、C、休みはセットになってます。したが ってD.C.休、D.C.休の場合丸1日休みにはならないのです。夜勤のために仮眠するしかない休みは自由な時間ではなく、遠出もリフレッシュもできません。連休も希望休も取れないような現状です。
さらにA、D、Cという日もあるので早出で居残りしたら、夜勤まで仮眠もとれずにまた出勤という人もいます。
今までも行政監査の際に指摘を受けたことがあるらしく、タイムカードは時間前30分を過ぎてから、また退勤時間30分過ぎないように押すように言われてます。
実際仕事してても途中でタイムカードを押しに行かなくてはならないんです。一応時間外するときは30分前に上司の許可を得てできるとなってはいますが、それが摘要できるのは、ワックスがけや行事前日の準備の時のみです。
さらに換気扇等の清掃やワックスがけや草刈りなど通常の介護職ではやらない仕事もさせられます。
その時間は介護の人数が手薄になってしまうんです。これっておかしいですよね?

長々と書いてしまいましたが、このように残業や会議等に時間外手当が支払われないばかりか、休日にまで会議やワックスがけ等で出勤させられても当然その分の交通費も出ません。休みだからと言って出ないと査定で評価されてしまいます。
今までも上司を通じて訴えたのですが、効き目がないらしく、上も諦めています。
嫌なら辞めればいいのですが、それでは何の解決にもならないと思いますので、働いている人には迷惑をかけずに改善する方法はないのでしょうか?
私としては業務改善命令も致し方ないと思っているのですが・・・
ちなみに夜勤手当も夜勤、準夜勤セットで3000円です。どちらかだけでは支払われません。
時間給の夜勤割増の1.25倍は別に払われることはありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

ひどい労働環境、ご心痛お察し申し上げます。介護施設の劣悪な労働環境はもはや社会問題にまで発展しています。

 

・残業代(時間外・深夜・休日割増)未払い

・希望しているのにもかかわらず有給休暇を取れない

 

これは明らかな労働基準法違反です。

 

交通費不支給という部分がありましたが、会社の就業規則でどのように規定されているかわかりませんが、法的に交通費の支払い義務は会社にはありません(支給しているのは会社の好意)。就業規則に交通費を支給する、となっているのに支給しないのであればこれは問題となります。

 

取れる方法はいくつかございますが、ご相談者様の「働いている人には迷惑をかけずに」というご希望から、1件のみ対応がございます。

労働基準監督署へ「申告」して下さい。①割増賃金が未払いであること②職場労働環境の改善に努めていないこと③当初の契約にはない別業務を強いられていること

を根拠に会社に立ち入りしてもらうように依頼してください。

注意点としましては

(1)相談に行くのではなく「申告」です。担当官に「正式に申告します」と伝えてください。

(2)通報したことを知られたくないわけですから担当官にその旨を伝え「定期監督として来てください」と依頼してください。「申告監督」になってしまうと通報による立ち入りになってしまいますので、会社内で犯人探しのような事が起こる危険性があります。「定期監督」はスケジュールに従って今回はお宅の会社を検査しに来た、という名目になりますので通報であることが知られずにすみます。ましてや以前に行政監査を受けているのでしたら、定期監督が来るのも自然です。

 

違法性が見つかると、労働局長から指導・勧告が行われます。

 

ここまでが、ご相談者様の意に沿う対応となります。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

現在定期監査は毎年行われております。通常二年に一回が一般的な中で毎年行われている自体、今までにも働いている人たちが相談に行っている証拠です。

そのため監査前になるとさらに書類作成のために仕事が増えます。もちろん勤務時間外出でしかできませんが・・・当然手当は出ません。

タイムカードの打刻に関しても、時間外手当を支給していないことを指摘されたために指示された隠蔽工作ですよね。

ベテラン職員と新人ではこなせる仕事も違いますよねが、それを経営者はわかってないのです。慣れた職員ばかりなら時間内に業務を終わらせることもできるんでしょうが、慣れたかと思えば辞めていく悪循環が続いています。お客様送迎時の事故等についても修理代を請求されるばかりでなく激しく叱責されるばかりでは、心身共に疲れてしまい誰も嫌がりますよね・・・。

したがって慣れた人は他の職員への思いやりから残って手伝っているのが現状なんです。

だからその分の時間外が払われないのは仕方ないとしても、現状を打破したいと考えているんです。

 

現在いる職員のうち約半数は新しく8月にオープンする予定の施設職員で採用された人たちなんです。当然慣れたころにはいなくなります。残った職員だけでは入居者に対する人数も不足しています。清掃職員もひとりいるのですが、介護職員で登録されています。

 

このように複数経営をする企業で、その間の職員を重複で使うことにも違法性はあるのではないでしょうか?特養の職員が訪問介護に応援にいかされることもあります。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

グループ企業で職員が重複しているのは、よく見かけます。

この時に問題になるのは、当初の労働契約でそれが知らされていたか(A社に入社するけど、B社を手伝ってもらいこともある等)、重複で労働することで労働者の不利益がないか(A社の従業員だがB社手伝いの時間は給料が安くなる等)、就業規則でそのような文言が記載されているかどうか、です。

就業規則の内容をまず確認してみて下さい。就業規則は従業員がいつでも閲覧できるようにしておく義務が会社にはあります。見せない、ということは許されません。

 

タイムカードのからくりも申告してください。以前に時間外が指摘されたから今回のからくりを始めたのであれば相当悪質です。

監査のための書類作成を会社の指示で作成しているなら、それは業務です。時間外労働であり、残業代の対象です。そのことは既に労基署に申告してありますか?

 

介護施設の労働条件は他もほとんど同じです。ですから辞めていった人たちも他に行ってもそこもまた辞めるんです。今の介護業界はそのようになっています。あきらめてしまえばそれまでですが、改善したいお気持ちがあるのでしたら嘆いていても何も改善はされませんので、会社の違法行為はそのつど、明るみに出していくことです。

 

会社の同僚に迷惑がかかるかどうかはわかりませんが、あっせん制度を利用して会社に改善を求め和解する、という方法もあります。退職も辞さず、というご相談者様の記載もありましたので、あっせんで会社を引っ張り出して解決を図る(おそらく金銭での和解・労働者は退職となります)のはいかがでしょうか。あっせんの場まで引きづり出されれば今後の会社の暴走に歯止めがかかるかもしれません。

 

ご相談者様のお気持ち一つで、あっせんでも裁判でも会社の責任・違法性を追求する手段はあります。

他の人に迷惑にならないように、との事でしたので先の回答では労基署への申告だけに留めました。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

わかりやすい説明ありがとうございました。

もう一点だけ質問よろしいでしょうか?

就業時間について現在D.C.休.D.C.休が続いているという話をしましたが、これでは休みといえど24時間休みが取れないので、D.D.休.C.C.休とかD.D.D.休.C.C.C.休等の勤務を検討してもらえませんかという話を上司を通じて事務長にしました。

これなら日勤と夜勤という違いはありますが、続けて同じ時間帯で働くので、体も休めるし、希望休でなくても、夜勤明けの休みが有効に使えるのでいいなと思ったんですが、夜勤の連続は12時間間があくだけではいかないというような答えがかえってきたようです。

一般企業でも夜勤の連続はあるのにそれは製造業だけに限ったことなのでしょうか?

私も以前労務管理の仕事をしたことがありますが、聞いたことがありません。

よかったら教えて頂けないでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談者様がおっしゃるような

D.D.休.C.C.休の勤務シフトで何ら問題はないように思います。夜勤の連続は製造業だけに認められた特権ではありません。

たしかに連続夜勤は労働者の身体の負担を考えれば極力避けるべき問題ですが、D.C.休.D.C.休の方がはるかに労働者の身体に負担がかかりますよね。

ご相談者様が事務長に提案した内容で全く問題ございません。むしろ不規則勤務が規則勤務になり、労働者にとっては次勤務までゆっくり休めるし、自分の時間も取れて喜ばしいことです。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問