JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

主人のことで相談します。昨年10月に定年退職し、現在はそのまま契約社員として1年ごとの契約で継続雇用されています。3

質問者の質問

主人のことで相談します。昨年10月に定年退職し、現在はそのまま契約社員として1年ごとの契約で継続雇用されています。3/28に倒れて入院しました。会社から、病欠は2カ月の規定があるので、4/1から病欠の手続きをします。その為、5/31までが期限でその時点で仕事に復帰できない場合は、退職扱いと言われました。それが法律に則っているのであれば構いませんが、いかがでしょうか?
会社は、山陽電気鉄道株式会社です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

病欠というのは私傷病による休職のことだと思いますが、労働基準法に休職に関する定めはないので、それぞれの会社の決まり(就業規則)の定めに従うことになります。

 

よって、就業規則を確認していただくことが前提となりますが、就業規則に「休職期間満了までに休職事由が消滅しない場合は、自然退職とする」などという定めがあれば会社の対応は問題ないことになります。

休職期間中の給与の有無、社会保険料の負担の有無なども就業規則に記載されているはずですのでご確認してみられるとよいでしょう。

就業規則は労働者に周知する義務があり、会社はこれを拒むことはできません。

 

 

また、給与が支給されない場合は健康保険から傷病手当金が支給されますので、会社に確認してみられるとよいでしょう。

これは下記の要件に該当すれば退職後も引き続き受給できます。

(支給を開始した日から1年6カ月を限度とする)

 

・被保険者の資格を喪失した日の前日まで引き続き1年以上被保険者であったこと。

・その資格を喪失した際に、傷病手当金を受けている、又は受けることができる状態にあること。

 

雇用・労働 についての関連する質問