JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

名ばかりの管理職です。 20名程度の小さな会社組織の中で働いていますが、4つの部門に分かれて業務を分担しています。

質問者の質問

名ばかりの管理職です。
20名程度の小さな会社組織の中で働いていますが、4つの部門に分かれて業務を分担しています。
今までは各部門ごとにリーダーがいたのを一年前からそのうちの2部門を自分が見る事になりました。
その2部門ともうちの売上の柱です。忙し い部門とそうでない部門との温度差も歴然としており、残りの2部門には管理職はいません。(居るけど職責上のリーダーではなく、年下のリーダーの下で働いている。)
仕事の再配分や、本社等への配置転換を申し出てもどこに行っても通じない。皆に嫌われているから、
今の仕事をできないのなら辞めるしかないと言われています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
仕事の再配分や、本社等への配置転換を申し出ても通じないとの事、人数も少ない会社にお 勤めのようですからご苦労も相当のことだと思います。

今の仕事ができないとありますが、その原因となるのは時間的にみても負荷が大き過ぎるとのことでしょうか。また名ばかり管理職と言われているので、管理職でしょうが残業代の支払いも無いとのことでしょうか。

管理監督者とは、経営者に代わり経営者と同じ立場で仕事をする必要がありますから、一定の権限などが与えられなければなりません。

例えば遅刻したからと言って給料から控除されないなど出社や退社などの勤務時間について制約を受けない。給料についても一般の労働者よりも優遇されているなどその地位にふさわしい待遇が必要なります。

しかし管理監督者と言えども午後10時以降について仕事をしている場合には深夜手当の支払いも必要となります。

そのため本来の管理監督者ならともかく名ばかり管理職であれば、未払い残業代などがあるように思われます。労働基準法では過去2年に遡って請求することも可能となります。

今の仕事を頑張っても続けることができない、会社もいくら現状を訴えても配慮をしてもらえず会社のために働く気持ちも持てないとのことであれば退職する際に未払い残業代を請求することを考えられたいかがでしょうか。

雇用・労働 についての関連する質問