JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

4年勤めた福祉施設での出来事です。4月2日、朝の挨拶をするなり2年後輩の男性職員に密室に連れて行かれ、自分の元彼女に

質問者の質問

4年勤めた福祉施設での出来事です。4月2日、朝の挨拶をするなり2年後輩の男性職員に密室に連れて行かれ、自分の元彼女に飲み会の席で何を言ったかという私的なことでキレられ、顔面10センチまで詰め寄られたまま数々の暴言をあびせられ、椅子を振り上げられました。
幸い、振り下ろされることはなく、外傷は負わなかったのですが、このような方と一緒に職務につけませんということで当日は早退し、双方から話を聞いた上で施設の規定にそって彼は3日間の謹慎と始末書、他の部所への移動という処分になりました。施設側から私の 方には次の日から勤務に戻って下さいと連絡がありましたが、すぐには無理ですということで3日休んだ後、どうしても体調と精神状態が落ち着かず仕事ができる状態ではないので精神科を受診し2週間の休暇をとる診断書を頂き提出しました。
彼が移動となっても会議など顔を合わせることも多々ありますし、この休んでる間にも話のすり替えなどが行われ彼がまるでヒーローであるかのようにふれまわっているらしく、やはりこの施設に戻って勤務できないという結論にたどりつきました。
この退職について、会社都合ということにできるでしょうか?
またそれは会社に証明書?申請書?などの書類を用意してもらわなければならないのでしょうか?
精神科受診の費用などは請求できませんか?
あとこの2週間の診断書に基づく休暇は通常の有給の対象になるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

まず、今回の退職が会社都合になるかですが、失業保険の給付制限がない特定受給資格者に該当する要件として、事業主又は当該事業主に雇用される労働者(上司、同僚等)から就業環境が著しく害されるような言動を受けたこと、というのがあります。

ご質問内容を前提にすると、貴方のケースはこれに該当する可能性が考えられます。

 

特定受給資格者に該当するか否かは事業主が主張する離職理由と離職者(貴方)が主張する離職理由を把握するのみならず、それぞれの主張を確認できる資料による事実確認を行った上で最終的にはハローワークで慎重に判断されます。

判断する際の資料は個別のケース、判断するハローワークによって異なりますので、事前に貴方の住所地を管轄するハローワークに相談してみるとよいでしょう。

 

 

2週間の休暇に対して会社から給料が支払われない場合は、業務上の事由によるものであれば労災申請、業務上の事由によるものでなければ健康保険に対し、傷病手当金の請求ができます。

 

今回のケースが業務上の事由によるものだと認定されれば労災から精神科の受診の費用の全額と休んだ日数に応じて休業補償給付が支給されます。

しかし、ご質問内容を前提にすると労災認定される可能性は低いでしょう。

精神的なものによる労災認定の基準は下記URLを参考してください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z3zj.html

 

 

健康保険からの傷病手当金は休んだ日の4日目から一日につき標準報酬日額(簡単に言えば給料の1日分)の3分の2の額が支給されます。

通常、会社を通して請求するのですが、会社がやってくれないのであればご自分でもできますので年金事務所に相談されるとよいでしょう。

 

 

会社に対して精神科受診の費用などを請求しても会社が応じない場合は労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターに相談し、国が話し合いの場を作ってくれるあっせん制度の申し込みができます。

あくまで和解による解決を目指したものであり、ほとんどの場合は会社からの和解金により解決することが多いようです。

無料で利用できますのでこの制度を利用し、会社に精神科受診の費用を請求されるとよいでしょう。

 

そのほか、貴方の職場に労働組合がなければ地域ユニオンに加入し貴方が被った損害に対し、損害賠償請求をしていく方法もあります。

 

 

 

 

 

 

 

雇用・労働 についての関連する質問