JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

婚約相手(男性20歳代後半)の、勤務時間が長すぎると感じています。 このままでは、彼の心身が心配だし、わたしも仕事

質問者の質問

婚約相手(男性20歳代後半)の、勤務時間が長すぎると感じています。
このままでは、彼の心身が心配だし、わたしも仕事をしているので、生活時間帯が合わなくて、ちょっとした会話も難しく、これから結婚するのに不安です。
一番の心配は、無理な出張による交通事故です。

彼の勤務時間を減らす方法があるか、教えてもらいたいです。

もしかしたら、彼の働く効率が悪いのかもしれません。だとしても、この生活は長く続けられないと思います。
彼は「残業手当は支払われている」と言っていますが、わたしは実態を把握していません。
小規模な会社なので、組合などはない、と言っています。

月曜~金曜+隔週の土曜午前中が通常勤務。
しかし、実際は土曜日は毎週、日曜日も隔週くらいで出勤している。
通常は夜8時まで、忙しい時期は連日夜中2時、ひどいと4時ころまで働いている。
夜中2時まで働いて、家でひと眠りし、朝6時に出勤して自分で運転して他県まで日帰り出張することもある。
この日帰り出張のあと、眠らずにそのまま職場へ出て、夜中まで仕事を片付けてくる。

彼も、この生活に不安をかかえていて、転職に向けて勉強をしたい気持ちはあるようですが、とにかく目前の仕事で心身ともに精一杯なので、次の展開に向けて準備する余裕がありません。

わたしに何かできることがあるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

労働時間に関しては労働基準法第32条に1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。

 

これを法定労働時間といいます。

 

会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

また、この労使協定に定める時間外労働等の時間に関しても、厚生労働大臣の定める限度基準として1カ月45時間とされています。

ご質問内容から判断するとこの限度もはるかに超えているのではないでしょうか?

 

 

ご本人様が労働時間の改善に積極的でないということですので、会社に対して直接的に働きかけは難しいと思います。

 

貴方が出勤時間や帰宅時間などをメモされているのであれば、そのようなものを持って労働基準監督署に行かれてはいかがでしょうか?

労基署への申告は労働者本人でなくてもできます。

ご本人が会社とのトラブルをご心配されているということですので匿名でされるとよいでしょう。

通常、申告に対する会社への調査は申告監督として行いますが、会社は誰が申告したのが犯人捜しをする可能性もありますので、定期監督という名目で調査に入ってもらうようお願いされるとよいでしょう。

定期監督とは労基署が定期的に(労働行政方針に基づく年度計画によって)、会社に調査に入ることです。

 

また、下記のURLから会社の状況(情報)を匿名で送ることもできます。

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

 

 

会社の従業員が多く、他の従業員に対してもこのような労働時間となっていれば会社が犯人捜しをしたところで特定するのは難しいと思いますが、会社の規模、従業員数によっては匿名でも犯人捜しをし、結果的に婚約者様が会社に居づらくなる可能性も否定できませんので、事前に婚約者様とよく話し合う必要があると思います。

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

ご質問に対して回答させていただいたのですが、ご確認していただけましたでしょうか?

 

専門家としてご提示された金額、ご質問内容から判断できる範囲で回答させていただいたつもりですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

 

よろしくお願いいたします。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

わかりやすいご説明、ありがとうございます。

 

でも、どの会社でも「1か月45時間」を超える時間外労働は普通だと思います。

また、会社の規模・従業員数からみて、きっと犯人捜しをされそうです。

 

社会情勢的にも、現実としては、やはり病気・事故が起こらない限り、

労働環境は改善されないような気がしました。

質問者: 返答済み 5 年 前.

わかりやすいご説明、ありがとうございます。

 

でも、どの会社でも「1か月45時間」を超える時間外労働は普通だと思います。

また、会社の規模・従業員数からみて、きっと犯人捜しをされそうです。

 

社会情勢的にも、現実としては、やはり病気・事故が起こらない限り、

労働環境は改善されないような気がしました。

 

「定期監督」は、会社にとってどのくらいの確率で行われるのですか?

確率的にめったに自社に当たるはずがない、というのであれば、すぐばれてしまうように思います。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

貴方の仰るように法律と現実にはギャップがあります。

労働者は法律で守られているとはいえ、現実的には労使関係において圧倒的な力の差があるのも事実でしょう。

 

東京都の平成22年の定期監督の実施件数は9,469件となっています。

また、その会社が過去に労災事故をおこしたか、またその業種によって差があるようです。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/news_topics/houdou/2011/_84734.html

 

貴方のお住まいの労働局にどのような業種の会社によく定期監督を行っているのかなど確認してみられるとよいでしょう。

 

貴方が安心できるように婚約者様の職場環境が改善されることをお祈りしております。

 

 

 

雇用・労働 についての関連する質問