JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

20年以上同じ事務で2人分位の仕事をしてきました。今回からだを使う現場に移動させられました。 50歳過ぎて現場はい

質問者の質問

20年以上同じ事務で2人分位の仕事をしてきました。今回からだを使う現場に移動させられました。
50歳過ぎて現場はいじめしか考えられません、私の後の仕事をしている人はあきらかに20年務めていても仕事ができない人です。同じ事務所で働いている女は仕事が倍以上係残業しています。上司にゴマすりはうまい人でした。そんな人が現場に回されず、仕事のできる人間が移動させられる事に疑問があります。
上司は、どこの部署にいっても何人も移動させ退職する女の人がいます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

人事異動(配置転換)について直接規制する法律はありません。

人事異動は人事権の行使として業務命令によって行われ、その拒否は業務命令違反として懲戒処分の対象ともなりえます。

 

 

過去の判例からは①勤務場所・職種を特定する合意がなく、②労働協約、就業規則に、業務上の都合により配転を命じることができる旨の規定があり、かつ現に配転を行っている等の実情がある場合には、使用者が労働者の個別的な合意なしに配転を命じる権限があるとされています。

 

しかし、いくら命令権があるからといってもそれが権利濫用にあたる場合は無効となります。

権利濫用を判断する基準としては①業務上の必要性があるか、②当該命令が不当な動機・目的をもっていないか、③労働者に対し、通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせてないか、が挙げられます。

 

>50歳過ぎて現場はいじめしか考えられません。と貴方がお考えであれば上記の要件に照らし合わせ権利濫用として、まず会社に今回の配転の再考を求め、配転を撤回するよう主張します。

 

それでも会社が応じてくれないのであれば第三者の力を借りるしかないでしょう。

会社に労働組合がなければ地域ユニオンに加入して交渉するか、労働基準監督署内にある総合労働相談センターで相談できます。

相談内容によっては会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われることもあります。

それでも解決しない場合は、国が話し合いの場を作ってくれるあっせん制度の利用もできます。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

高校卒業後事務職で入社したのに50過ぎて製造部門は、体が持たない、精神的にも

苦痛です。

人から毎日命令されて仕事するのは性格にも合わないのでこもままやっていけません

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

貴方のお気持ちお察しします。

 

配置転換は直接法律上での定めがないため、話し合いで解決することが前提になります。

裁判でも人事異動の有効性について争われていますが、裁判になると時間とお金がかかり、貴方にとって精神的な負担も大きいので話しあい(国に間に入ってもらうことも含め)で解決されることをお勧めいたします。

信頼のできる同僚や上司の協力してもらい配転命令の撤回を求めることも有効でしょう。

 

また、裁判となるとその過程で会社との信頼性が崩壊するケースが多く、問題が解決しても結果的に貴方が会社に居ずらくなる可能性も否定できません。

 

どうしても話し合いで解決しない場合は、平成18年4月からスタートした労働審判制度の利用もあります。

裁判所において原則3回以内の期日で迅速、適正かつ実効的に解決することを目的とした制度です。

通常の訴訟が1年~3年かかるのに対し、通常3カ月程度で解決します。

(早ければ1カ月程度)

 

貴方の今までの経験が十分に活かせる職務で今後もご活躍されていくことをお祈りしております。

 

 

雇用・労働 についての関連する質問