JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

フルタイムパートで、入局して40日。しごと(医療事務)は、なんとなくですが流れはわかるようになったところです。ただ、

解決済みの質問:

フルタイムパートで、入局して40日。しごと(医療事務)は、なんとなくですが流れはわかるようになったところです。ただ、看護士たちとうまくいきません。休憩中が地獄です。一言も会話できず、まるでわたしがそこにいないかのように、みなさんだけで話をする。そんな中での昼ご飯。のどを通りません。
最近は、家でも食 事がのどを通らないし、疲れているのに一睡もできず、胃が痛く、頭痛、吐き気、一日中職場のことが頭から離れず、苦しい。
悩んだ末、先生に云うと「人ひとり雇うのにどれだけ労力、お金がかかると思うのか。この1ヶ月をどうするのか。絶対に辞めるのは許さない。社会人として無責任だ。」と怒られました。
もちろん、自分でも無責任とわかってます。心が弱い自分が嫌いです。だけど、このままでは苦しくてつらい。対人恐怖症になりそうです。おいしく食事がしたい。ぐっすり寝たい。笑いたい。
わずか40日。しかもこんな理由で退職はできませんか?
いちばんいい辞める方法はないですか?
教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

退職に関しては労働基準法に明確な定めはありませんので、それぞれの職場の決まり(就業規則)に従うことが原則です。

 

就業規則には「退職は1ヶ月前に書面で通知する」としているところが一般的ですが、どれくらい前に通知すれば有効かは民法627条の「雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」が適用されます。

 

 

退職は労働者の自由です。

貴方の職場の先生のように従業員の退職を認めないなどということは許されません。

入局して40日だろうと、退職の理由がなんであろうと、退職は自由です。

 

退職届を出し、二週間経過日以降出勤しなければいいのですが、退職届も受け取ってくれないのであれば、内容証明郵便で送ることが有効です。

 

 

貴方の場合はかなり精神的にも追い詰められているようですので上記のような方法をとることもご心配かと思います。

その際は、労働局、または労働基準監督署内に総合労働相談センターがありますのでそちらでご相談されることをお勧めいたします。

 

使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

貴方の職場はこのような義務を怠っていると考えられますので、このようなことを引き合いに出し、行政から職場に対して、貴方がすぐに辞めれるよう働きかけてもらうとよいでしょう。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

労働相談センターに相談して院長に言ってもらうことなど、近所ですし、できるだけ穏便にすませたいと願うのは無理ですか?

 

理由が、子供じみてる。学校ではない。自分から話しかけなさい。面接でがんばると言ったのに約束破り。研修で教えてくれた元先輩や院長夫妻に対してはわたしが100%悪い。彼女たちに話そうとかも言われた。

でも、実際院長がみんなに言えばもっと壁ができる。仲良くできなくなると思う。

 

わたしにもそういう意味で、悪い。わかった上で、普通においしいものをおいしいと感じたり、自分を取り戻したい。ここに居るだけで苦しくて逃げたい。忘れたい。

 

それでも退職願を渡し、2週間そこで耐えて働いて、もう出勤しないという順序でやって、問題ないですか?

 

あと、この研修期間に教えてくれた元先輩の人件費やわたしが辞めた後どうしてくれるのかとも言われたのですが、お詫びはどうしたらいいですか?

 

先程のこたえに不満ではあるませんが、わたしには深刻なので慎重に進めたく、数人の意見もききかいので、よろしくお願いします。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

労働相談センターに相談して院長に言ってもらうことなど、近所ですし、できるだけ穏便にすませたいと願うのは無理ですか?

 

理由が、子供じみてる。学校ではない。自分から話しかけなさい。面接でがんばると言ったのに約束破り。研修で教えてくれた元先輩や院長夫妻に対してはわたしが100%悪い。彼女たちに話そうとかも言われた。

でも、実際院長がみんなに言えばもっと壁ができる。仲良くできなくなると思う。

 

わたしにもそういう意味で、悪い。わかった上で、普通においしいものをおいしいと感じたり、自分を取り戻したい。ここに居るだけで苦しくて逃げたい。忘れたい。

 

それでも退職願を渡し、2週間そこで耐えて働いて、もう出勤しないという順序でやって、問題ないですか?

 

あと、この研修期間に教えてくれた元先輩の人件費やわたしが辞めた後どうしてくれるのかとも言われたのですが、お詫びはどうしたらいいですか?

 

先程のこたえに不満ではあるませんが、わたしには深刻なので慎重に進めたく、数人の意見もききかいので、よろしくお願いします。

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

 

貴方のお辛いお気持ちお察しします。

 

法律上は2週間前に退職届を提出すればよいことになっていますが、貴方もご希望されるように円満退社をするにはよく院長と話しあって退社することが前提となります。

その際には、 貴方の職場で置かれている状況をそのままお話し、貴方の辛いお気持ちを院長に分かってもらうよう頑張るしかないでしょう。

(すでにそのように頑張っておられるとは思いますが)

院長の仰るように経営者の立場からみると人を雇うのにお金や労力がかかっているのも事実です。

穏便に済ませるには話し合いによる解決しかありません。

研修期間に教えてくれた先輩にも誠意を見せることは必要でしょうが、人件費などの金銭によってお詫びはする必要はありません。

 

しかし、貴方は精神的にも追い詰めれているようですので、体調を第一に考えるのであれば多少強行的な方法でありますが、退職届を内容証明などで提出したり、行政の力を借りることも必要でしょう。

 

他の専門家の方の意見も聞きたいとのことですので私はオプトアウトさせていただきます。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

どんな理由であれ、退職できることがわかり、少しホッとしました。

 

退職願を渡してから病欠したら、診断書は必要ですか?

 

しごとは、生活、人生の中のひとつでありたい。24時間縛られてはいまがもったいないですね。わたしは、あまりに周りの人の顔色をみてしまう。もっと強くなりたい。辞めることができたら、ことしいっぱいはうちで静養します。

もうおなじ医療現場ではしごとできないだろうし。小さな町だから。

 

丁寧にこたえていただきありがとうございました。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

 

病欠をするときの手続きは職場によって違います。

診断書を必要とするところもあれば、必要としないところもあります。

つまり、その職場の決まり(就業規則)に従うこととなります。

 

退職届を提出しても退職日まではその職場の決まりに従う必要があります。

 

しっかりと療養され、その後貴方の能力が十分に発揮できる職場環境でご活躍されていくことをお祈りしております。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
満足してます。ただもう一人だけ別の意見もききたい。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
退職をする場合の法律的な件については、先の回答者の通りです。
そのため辞めることについては、2週間前までの告知で済みます。

後はなるべく波風を立てない辞め方を希望されているのであれば、
客観的に見ても働くことが難しいと判断されるようにするのがよろしいでしょう。

まず、実際に家でも食 事がのどを通らないし、疲れているのに一睡もできず、胃が痛く、
頭痛、吐き気などの症状があるようですので病院にて診断書を作成してもらいましょう。

診断書には、一定期間の療養が必要と記載してもらえば、行政の力を借りずに病気療養を理由に退職することもできるのではないでしょうか。
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験: 人事労務管理において18年間従事
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問