JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

1年毎を契約期間とし、契約更新される職場です。祝日(1日分)をお休みできるのですが、その分を祝日の前後に、半日出勤の

解決済みの質問:

1年毎を契約期間とし、契約更新される職場です。祝日(1日分)をお休みできるのですが、その分を祝日の前後に、半日出勤の日に半日ずつ2日間働く、つまり週40時間の勤務時間に、4時間を加え週44時間を2回働くというのは、労働基準に反していないのでしょうか。他職種との公平を保つというのが理由のようです。石川M
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

法定時間は1日8時間、1週間40時間とされており,それを超える部分を時間外労働として割増賃金(いわゆる残業代)を支払わなければならない、と定められております。

ただし、常時使用する労働者が10人未満の以下の事業場は特例として1週間44時間が認められています。

(1)商業

(2)映画・演劇業

(3)保健衛生業

(4)接客娯楽業

 

詳しくは以下に厚生労働省ホームページの該当箇所のリンクを添付いたします。参考にしていただけたら幸いです。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei07.html

 

私の受け取り方が誤っていたらご指摘いただきたいのですが、

祝日(1日休み)  

その前半日(0.5日労働)その後日(0.5日労働)

で差し引きゼロというわけではないのでしょうか?解釈が間違っていたら申し訳ございません。

 

最後に、「他職種との公平を保つ」という会社の理由はただの会社の理論であり、労働基準法ではそのような取扱いはされておりません。

もしお差し支えなければ

①業種②労働時間(何時から何時)及び1週間の労働日数③休憩時間(何時から何時)④会社の休日(何曜日か、1週間に何日か等)

だけでもお教えいただければ、もう少し細かい回答ができるかと存じます。もし上記の私の解釈が間違っておりましたら、①~③をご返信いただけたら幸いです。

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問