JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

製造業経理 正社員 組合員 会社で、毎日相当数の他部署からの問い合わせがあります。それも急ぎというものが多いで

解決済みの質問:

製造業経理 正社員 組合員

会社で、毎日相当数の他部署からの問い合わせがあります。それも急ぎというものが多いです。
朝から晩まで問い合わせをこなし、夜に自分の仕事をしているので、残業も相当かさんでいます。
残業が多いということで仕事をワークシェアする ように責められていますが、もうしばらくすると海外移管が進みそうで問合せも激減しそうです。

多分数ヶ月前まで希望退職を行っており、このような事情を知っていてやってきているのではないかと思います。
自分の居室に人がきて、優先的に対処するまで部屋から出ようとしないといった強引なやり方も見られます。

漠然とした聞き方かもしれませんが、どのように対処したらいいか悩んでいます。
毎日毎日苦しいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

ご相談の内容から、相当なハードワークをこなされている様子がうかがえます。心身ともにお疲れの事とお察し申し上げます。

私も上場企業での営業、経理を担当しておりましたので、ご相談者様の現在の状況、とても理解できます。一つずつ検証していきましょう。

①上司の方の意見でしょうか。「残業が多いからワークシェアするように」

この意見、もっともです。ご相談者様だけが問い合わせ業務を一身に背負っていませんか?同じ部署の方でご相談者様よりも手の空いている同僚に仕事を振っていくような流れを作るべきだと思います。上司の方が「ワークシェアしろ」と言っているわけですから、堂々と仕事を振ってしまった方がよろしいかと存じます。

②他部署からの問い合わせが多く、しかもご相談者様の居室に人が来て優先的に対処するまで退去しない

経理という職種柄、急ぎの要件を突発的に依頼されることが多いと思います。持ち込んだ方からすれば、立替経費をすぐに精算してくれ、今から出張だから仮払いで金出してくれ、と確かに急ぎの要件なので持ち込み側も大変な状況で業務を行っているのだと思います。これは仕方のないことだと思います。

ただしご相談者様を退職させるために、このような状況を嫌がらせとして演出しているのであれば(ご相談者様より上の役職の人が指示している)、パワーハラスメントに該当する可能性もあります。

パワーハラスメントであれば重大な労働問題です。もしそのような兆候や言動があったら、直ちに労働基準監督署(以下、労基署)へ相談されるべきでしょう。状況によっては会社に対して指導や勧告が行われます。

 

ここから先はご相談内容からは不明な点ですので、参考までに述べさせていただきます。

不要な内容でしたらご容赦願います。

 

(1)サービス残業していませんか?

今の過酷な状況で、サービス残業になっているのであれば、労基署に通報して会社を検査してもらうべきです(通報を自分がした、と知られたくない場合は労基署にその旨を伝えて「定期監査」として来てもらってください)

(2)今の状況が続くようなら、退職したい、とお思いですか?

もしこのようにお思いなら、ただ「退職します」では自己都合退職となり基本手当(通称、失業手当)をもらい始めるのに、3か月間かかってしまいます。

ただしご相談者様の場合は特定受給資格者として退職後7日の待機期間だけで基本手当の受給対象になるものと思われます。

今回ご相談者様が特定受給資格者となるであろう根拠は、厚生労働省がその範囲を定めていて今回のケースはその中でも以下に該当すると思われるからです。

 

・直前3か月間に連続して労働基準法に基づき定める基準に規定する時間(各月45時間)を超える時間外労働が行われたため、又は事業主が危険若しくは健康障害の生ずる恐れがある旨を行政機関から指摘されたにもかかわらず、事業所において当該危険若しくは健康障害を防止するために必要な措置を講じなかったため離職した者

 

・上司・同僚等からの故意の排斥または著しい冷遇若しくは嫌がらせを受けたことによって離職した者及び事業主が職場におけるセクシュアルハラスメントの事実を把握していながら、雇用管理上の措置を講じなかったことに離職した者

 

以上ご参考までに。

 

現状を打開するにはやはりワークシェアの流れを構築することに尽きると思います。相談できる上司や同僚とも話し合い、人事部(総務部)にも改善を求めた方がよろしいかと感じます。そのうえで対応がない、対応が不十分であれば迷わず労基署へ相談です。

 

ご相談者様にとってよりよい職場環境に変わりますよう、私も望みます。

まずは行動をとってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

各事業所ごとに散らばっていた経理のメンバーが一箇所に集約化されたことが発端です。元の事業所に日直で行くようになり、「来た電話は取った人間が処理する」「日直に来た人間がその日の仕事を引き受ける」といったルールを作らされています。その結果一部の人間が電話地獄になったり、嫌な仕事の押し付け合いになったり、といった状況になっています。

また日直のシフトを決めるのも当番制になぜかされましたが、○○さんのシフトは何か企んでいるといった噂をして特定の人間を悪者にしようとしたりする行為が横行しています。

雇用・労働 についての関連する質問