JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

私は大学の教員です。新年度で、「教員紹介」が全員新しくなっているのを、昨日確認しました。ところが、今日の午後何気なく

質問者の質問

私は大学の教員です。新年度で、「教員紹介」が全員新しくなっているのを、昨日確認しました。ところが、今日の午後何気なく見てみると、私だけ「教員紹介」が昨年度のものに戻っていました。担当者に確認をしたところ、2時間ぐらい経って、「先生のは最新のものになってるはずです。ご確認くだ さい。」との返事です。URLを確認してみると、新年度用の新しいものに変わっていました。この現象は私だけに生じたもので、おそらくは、私の業績、社会的地位等に嫉妬かつ嫌悪した学長の命じたことでしょう。こんなことを命じるのは学長しかいません。また、ホームページの変更等にはスキルがいるので、学長から命じられた教員が関わっていると思います。このようなことは、アカハラもしくはパワハラに該当しないでしょうか。証拠として、新旧の教員紹介のページを日付入りで印刷しておきました。お忙しいと思いますが、お返事いただけましたら幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

アカハラ、パワハラはどこの企業、学術機関でも陰湿で厄介な問題です。

ご相談者様にお聞きしたいのですが、学長から疎まれている、というのはご相談者様の受けている感覚でしょうか?もしくは学長からそのようなニュアンスの事を言われたことはございますでしょうか?

今回ご相談のケースを拝見して、ただの事務員の怠慢という現象とも取れます。

もちろんご相談者様の言われるとおりに学長がバックにいて、嫌がらせとしてされた行為の可能性もあります。

結論から申し上げますと、新旧教員紹介ページ(日付入り)のコピーだけで、アカハラやパワハラの事実あり、とするのは難しいです。

他にご相談者様が学長が命令元と思われる事象はこれまでにありましたでしょうか?もしおありでしたら、詳細をメモにまとめてください。アカハラとおぼしき事象が重なっているようでしたら、今回のコピーやメモを持参して労働基準監督署に相談してください。ご相談者様が相談・通報したと学校に知られないようにするには、「定期監査」として労基署に立ち入り調査してください、と依頼してください。労基署が定期的に検査に回っているので今回はお宅の番です、という名目になりますので、通報があったとは気づかれません。

 

最後になりますが、どうしても学長によるアカハラと認めさせるには証拠に乏しい印象を受けます。労基署としても今回のコピーだけで動いてくれるかどうか未知数です。ですが行動を起こさないと何も改善に向かわないのも確かです。ぜひ労基署もしくは総合労働相談センター(各都道府県労働局)に相談してください。

 

今後起こった事象は「何月何日何時何分に」「どこで」「だれと」「どういう会話をした」というように詳細にメモを取っておいてください。状況証拠でも不自然に頻発すればアカハラ、パワハラとして認められる可能性が高まると思います。

 

悔しい思いをなされているとお察しいたします。お一人で解決しようとされず、公的機関をフル活用して解決を見出していただきたいと思います。

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
学長との仲は最悪です。私が実力があっても、私を教授にしようとせず、自分の言いなりになる業績の無い人間を教授にしようとします。それも私の枠外定員を使ってです。そのようなことから、学長は、私に出ていってほしいと願っています。ご指摘の、事務員の怠慢はあり得ません。昨日は、全員分のホームページが更新されて、新年度用式になっていたのを確認しています。そして今日、私の紹介ページだけが、昨年度のものに変えられていたのです。学内で私を快く思わない人間はいるでしょう。しかし、ここまで実行に移せる人間は、学長のほかありません。学長の依怙贔屓人事 も、県庁に報告して潰した経緯があります(県立大学ですので)。今回、ケンブリッジ大学の研究員就任に関しても、昨年12月から相談しているにもかかわらず、決済を先延ばしし、いろいろな書類や文書を作成して出せという始末です。嫌がらせですよ。ケンブリッジの研究員になる教員なんて、わが大学にいませんから。また、中央省庁の審議会の委員を大臣辞令で務めていますが、こうしたことも気に食わないのでしょう。さらに、文部科学省の大型研究費を、昨日当ててしまいました。そんなこんなで、学長の目障りな存在なんです。HPのアップに関しては、スキルがなければできないので、学長の指示を受けた教員・事務職員が行ったのでしょう。

雇用・労働 についての関連する質問