JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

24才の実の息子が、11名ほどのY株式会社で従業員として働いています。 仕事先は、某通信系の大企業のA株式会社

質問者の質問

24才の実の息子が、11名ほどのY株式会社で従業員として働いています。

仕事先は、某通信系の大企業のA株式会社が下請けに出しているD株式会社と いう直系の販売店です。この大企業Aは、B株式会社、C株式会社という系列で店があり、一番下のD販売店はほぼ派遣社員です。
息子は、B社から別系列で直に仕事を受けているZ社(1名で独立経営)会社からY社社長が仕事を回してもらい、Z社員という名目で、Y社の名前を伏せて働いていました。
ある日、D社の派遣社員に、伏せているはずのY社の名刺を渡し、数分間喫煙所内で仕事の愚痴として休みの話や、給料の話をしました。
しばらく経ち、息子がD社の派遣会社員と喫煙所で話をした事が本社Aまで届いてしまい、その内容が「引き抜きをしようとした」というものでした。

D社は数千人規模の全国大手の会社です。
本社Aは、D社及びZ社に対し「信用がおけない」という理由で派遣を中止する事になりました。
当然、息子の働いている会社Y会社も仕事が無くなり倒産する予定です。

問題は、D社が派遣が無くなった損害賠償をZ社に請求し、Z社はY社へその損害を請求し、Y社は息子個人へ損害賠償をしてきたことです。
とうてい全財産をなげうっても払いきれる額ではありません。

喫煙所の話は、誰も聞いていません。
事実と違った内容でクレームの連絡があったようですが、確認は取れないので、誤解は解けません。(面会とれない)

Y会社には、就業規則なるものはありません。
教育指導についても、口頭のみです。
10人規模の子会社Yが、全国大手のA社とは話もできません。
D社からすれば、息子の働いているY社はライバル会社であるため、倒産した方がD社にとって良いとの見方が強いです。

●この場合、息子は損害賠償責任はあるのでしょうか?

●また、同居している両親の財産全ても奪われてしまうのでしょうか?(そう言われている)

●前月のZ社から払い込まれる、Y社のお金も入らず、Y社の他の社員に支払う給料分の金額も数百万円、Y社より息子に請求されていますがその支払い義務はあるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。

 

大きな事件に巻き込まれてしまったようです。ご心痛、お察し申し上げます。

 

息子さんの喫煙所での会話内容が定かではないので、息子さんの発言内容に問題がなかったという認識で回答させていただきます。

 

・息子さんに損害賠償責任があるのか?

息子さんの発言に問題がなく、その発言の確認もなく一方的に本社Aが行った取引停止の責任を息子さんが背負う必要は全くないのではないでしょうか?本社Aが初めからこのような行為をしたくて、息子さんの件を理由にしてやっているだけなのでは、という疑念も出てきます。

 

・同居している両親の財産も獲られてしまうのか?

息子さんの勤務に対して、親御さんが保証人や身元引受人になられておりますか?それによって息子さんに非があるとして損害賠償支払いが確定してしまったら、その保証人(身元引受人)の財産まで差し押さえられてしまうことはございます。保証人の件、ご確認ください。そうでなければ、親といっても別人格ですから、非のない別人の財産を勝手に取り立てるなどという行為は許されないと思います。

 

・Y社からの息子さんへの請求

この点についても「息子さんに損害賠償責任があるのか」と同様、息子さんに非がなければ損害賠償なんてあり得ません。息子さんの言動に問題がないのであれば、支払う必要はないものと考えます。

 

損害賠償というものが請求されてしまっている以上、これを解決するのは公的機関の力を利用して決着をつけるしか残された方法はないと思います。最終的には裁判での争いになる(裁判での争いにしないと決着しない)事態と考えられます。支払いは断固拒否した方がよろしいでしょう。支払う、と認めてしまってはダメです。まずは公的機関への相談が先決です。

具体的にはまず「労働基準監督署」への相談。相談窓口としては他に「愛知県労働局」、「法テラス」という無料法律相談もあります。各機関への相談時には損害賠償を受けた書面等を持参した方が相談がスムーズに進むでしょう。

お金はかかってしまうと思いますが、弁護士に直接相談されるのが最も早く確実で安心な方法です。明日からにでも記載した先にどんどん今回の件を相談して、善後策を打診してください。

 

莫大な金額の損害賠償と推察いたします。行動はお早くとられますよう、お願いします。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
●発言に問題が無いかの件
自社の名前は伏せて働くように、名刺を渡さないことと注意していたそうです。
問題は、大企業が相手ですので10人そこそこの会社の言い分は取り合ってもらえず、事は発覚して大きくなってしまっているから、いまさら全く話にならないと言われています。
会話内容は、休みは無いけど給料はいいよとは言ったと記憶があるそうですが、雑談の中なので細かくは記憶に無いと言っております。
正式に勧誘の事実は無いのは確かです。
名刺を渡した事で、居るはずの無い会社がその場に存在した事になり、重大な過失と 主張しています。
息子の肩書きは「企画部・統括代行」です。


・同居している両親の財産も獲られてしまうのかの件について
この件は、息子を取締役社長に急遽して責任を全部押しつける方向が考えられます。
その際に、経営責任者に息子、取締役に私ども両親をあて損害賠償をし、会社の存続か自己破産の回避を考えているのではないかと思われます。採用に当たり、連帯保証人はなく、入社の手続きも口コミの様な形で正式な書類での契約はありません。
もし最高責任者のような手続きをされてしまった場合、両親の財産は差し押さえになるのでしょうか?

その他に言われたことは、家族4人で住んでいるのですが、このままでも息子が支払いができない場合は共有財産で家財道具や、抵当権の半分や、親の預金口座を差し押さえられることになると言っています。本当にそんなことがあるのでしょうか?

現在、社長が息子を別の住所に移す手続きをすると言っています。
(同居を回避するため)

・Y社からの息子さんへの請求について
名刺を渡した時点で非があると申しています。
この金額だけでも何百万ですが、過失相殺のような減額は無いのでしょうか?

●もう一つ質問したいのですが
事実上倒産となった息子の同僚の家族から、息子の責任で倒産したとなると裁判を起こされて、息子に損害賠償の請求があると言われています。実際、そんなことはあるのでしょうか?

膨大なローンの話が出ています。
困り果てています。

労働基準監督署へ連絡した際に、ただの勘違いでしょ!?話し合って・・で切られてしました。弁護士に相談したいと考えていますが、少しでもアドバイスが欲しいです。
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

弁護士さんに相談する以外にこの混乱を整理するのは難しいと思いますので、早急に相談されることをおすすめいたします。

両親の財産を差し押さえといいますが、保証人でもない人の財産をとるなんてことはできないはずです。しかも経営責任者を息子さんに変更して、というのは偽装だと思うのですが。なりたくもない役員に無理やりさせられる、なんて話はどう考えても筋が通りません。

 

損害賠償が実際になされてしまっている以上、全て法廷で決着つけるしかありません。周りからの脅しや根拠不明な話に惑わされることなく、速やかに弁護士に相談してください。裁判を通さずにはご相談者様の息子さんの正当性を主張することは不可能な状況まで既になっていると思います。

 

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問