JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

離婚協議中の妻が社員ですが、解雇はできますか。また出社禁止を伝えた場合は、不当解雇にあたりますか。

解決済みの質問:

離婚協議中の妻が社員ですが、解雇はできますか。また出社禁止を伝えた場合は、不当解雇にあたりますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
離婚協議中の妻とありますが、奥様の立場はいち社員でしょうか。
まず離婚を原因としての解雇は難しいでしょう。

少なくとも解雇をするときには正当な理由が必要としています。離婚は現実問題 としては、業務に支障をきたすかも知れませんが、労働者としての落ち度は無く解雇する理由としては客観的に見ても解雇権の濫用として認められません。そのため無理に辞めるように強要しても不当解雇として逆に訴えられる可能性が高いでしょう。

出勤停止についてもその根拠が離婚では、正当な理由には乏しく会社にとって不利な状況に違いありません。そのため辞めて貰いたいとのことであれば、ある程度の退職金などを準備した上で退職勧奨(合意のうえで退職してもらう)をするようにされたらよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
退職勧奨をする場合の合意の上とはどのようなことでしょう。また会社で仕事を始めたのは1年程度です。その場合の退職金の金額はどの程度が妥当でしょうか。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
退職勧奨とは、会社が退職しませんかと働きかけ(当然タダで辞めるとは言わないでしょうから退職金などの条件をつけて)労働者がそれを受け入れる、つまり条件を受け入れる代わりに自分から退職届を提出してもらうということです。

雇用保険に加入している場合には、会社都合退職として待機期間7日のみで失業保険を受取ることもできるようになります。退職金の額については特に決まりはありませんが、まずは1か月~3か月程度で話を勧められたらいかがでしょうか。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問