JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

私は大文字 純(ダイモンジマコト)と申します。60歳で「嘱託」雇用されました。その時、本社人事部長から「委嘱契約書(業務内容:故障受付等のセンタ責任者、役職:担当部長、常日勤、土日

解決済みの質問:

私は大文字 純(ダイモンジマコト)と申します。60歳で「嘱託」雇用されました。その時、本社人事部長から「委嘱契約書(業務内容:故障受付等のセンタ責任者、役職:担当部長、常日勤、土日祝休み」、「常勤嘱託就業規則(時間外手当等記載あり)」が送付されてきました。その後、この「委嘱契約書」に無い業務(工事等の設計、価格見積り、工事手順指導、収支管理、プロジェクト責任者等、設計・工事部隊の課長の評価な ど)も担当部長という「役職上」『電子稟議システム』に付随して業務をせざるを得ず(決裁しないと業務が止まり、部下が困るため。 また、この「故障受付等のセンタ」業務は24時間・365日休みなく対応している業務であるため(5:00pm~翌8:30amまでは派遣社員1名が泊まって受付している。土日休日や深夜によくメールや電話で派遣社員から相談があり、少しずつ不眠になり睡眠導入剤を使うようになりました。しかし、深夜にメール等を受け、返事を指示するともう眠れなくなります。この影響が日中にも出るようになり、医者から「精神安定剤」を処方してもらうようになりました。この深夜の件はメールの送受信記録にあります(3月のメールを下記に例示)が、昨年12月にはそれを支社長に見せて「この体制の改善」が必要と伝えましたが何の反応も返されませんでした。
また夜メール対応すると経過をまとめておいて、翌日朝方の「引き継ぎ」で確認します。このまとめる時間と設計・工事の検討時間を合わせれば残業は月30~40時間程度にはなるでしょう(震災対応の昨年3,4月を別にして)。同じ2時間の残業でも、通常の夕方の残業と寝ているところを突然起こされて指示を返信しその後メモにまとめる、これは通常の残業と異なり相当きついのです。深夜作業も時間外も、管理職ということでシステムには入りません。しかし、実態的には「権限」もなく「管理職」とは思えません。支社長に言っても、「システムがそうなっているから仕方がない」というばかり。
そして、3月1日、支社長から呼ばれ「4月以降も継続雇用したい」と伝えられました。私は、「勤務内容は今までどおりですか?」と聞きましたが、返事はありませんでした。
毎年人数を減らされ、私まで辞めては残ったたった1名の社員が可愛そうなので仕方なく、今年も残ろうと思っていますが、健康上続けられるかどうか心配です。家庭で八つ当たりしたり切れたりすることも多くなり、妻や実家に帰ってきた子供たちに迷惑を掛けたく無いので早く辞めたいのですが。
この会社は、何が何だか分からなくなりました。私は「管理職」なのかどうか。
「常勤嘱託就業規則」には、時間外手当等の記載はありますがシステム上受け付けられず、責任はあるが会議のメンバーにすらされないなど情報と権限も無いのです。

私は、「委嘱契約書」「常勤嘱託就業規則」(郵送させていただきます)をもとにもし受けていただけるのなら、
会社を相手に以下の訴訟・和解交渉をお願いしたいと思います・

1.契約の遵守とこれを超える部分に対する対価支払い。
2.「土日休日や深夜のメールや電話」とその処理に対する「労働?」「待機?」対価支払い。
3.支社長に上記理由による「体調不良」を訴えているにも関わらず、取り合わなかったことに対する陳謝。
4.「社員就業規則」等の改定・届け出・周知等の速やかな実施。

どうぞよろしくお願いします。

お受けいただければ「着手金」等、ご指示いただく口座に直ちに振り込みたく、メール等にて連絡お願いします。

大文字 純(ダイモンジマコト)
【自宅】
〒981-3331
宮城県黒川郡富谷町東向陽台1-5-10
・022-374-1704
Email:XXXXX@XXXXXX.XXX
携帯電話:090-7064-0246


【会社】
〒983-0842
仙台市宮城野区五輪1-4-5
 NTT榴ヶ岡(ツツジガオカ)ビル8F
・022-791-9531
Email:XXXXX@XXXXXX.XXX

職場以外のメール、電話等の受発信状況・3月分

年月日   メール受信時刻   相手     内容         メール/電話の返事 
【3月】
 2012.3.27(火)       1:47   高橋   ANSERシステム故障対応        メール
 2012.3.20(火)祝日     9:59   杉本   荘内銀行鶴岡アラーム回復       メール
 2012.3.19(火)年休     17:28   高橋   荘内銀行鶴岡ネットワークアラーム   メール メール
 2012.3.15(木)外出先にて  8:30   杉本   秋田信金ネットワークアラーム回復   電話
 2012.3.15(木)       3:48   杉本   秋田信金ネットワークアラーム発生   電話
 2012.3.14(水)       21:46   杉本   新庄信金ネットワークアラーム回復   電話
2012.3.14(水)       20:36   杉本   新庄信金ネットワークアラーム発生   メール メール
 2012.3.8(木)        3:38   斉藤   荘内銀行富谷ネットワークアラーム継続 メール
 2012.3.7(水)       21:40   斉藤   荘内銀行観音寺ネットワークアラーム  メール
 2012.3.2(金) 外出先にて 11:15   芳賀   宮一信金ネットワークアラーム回復   電話
 2012.3.1(木)       19:50   高橋   宮一信金ネットワークアラーム発生   メール
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

 

 

せっかくご質問を頂いたのですが、こちらのサイトは専門家とクライアントの関係は成立しません。

以下のサイト利用規約をご確認ください。

 

【サイト利用規約より】

7.回答をアドバイスとして受け止めないでください
本サイトに掲載される回答は一般的な情報として提供されるものであり、対面による鑑定や特定のプロフェッショナル(医療、法律、獣医、税金、金融関連)らからのアドバイスに取って代わるものでは ありません。ユーザーの質問に対して当てはまる、法律、条例、その他政府当局による規約、規則、慣習、手続きは居住する地域により異なり、対面の鑑定や足を運んで情報を得るのが一般的です。専門家の中には分野によっては、免状、資格、教養を有するもの、雇用者として勤務するもの、ある特定の分野において経験を有するものがいます。本サイトでは、プロフェッショナルとクライアントの関係は成立しません

 

 

訴訟をお考えであればお近くの弁護士にご相談していただくことになりますが、特定の弁護士をこちらのサイトでご紹介することもできませんので、弁護士に心当たりがなければ下記の法テラス等をご利用されるとよいでしょう。

http://www.houterasu.or.jp/

 

 

せっかくこちらにご質問頂いたのでご参考までに会社が主張する管理者であることによりシステム上、時間外手当が支払われないということについて回答させていただきます。

 

会社が主張するように管理監督者であるものには残業手当や休日手当を支払う必要がないとされています。

一般的には貴方のように部長、課長などが該当しますが、職務内容、責任と権限、勤務の態様に着目して判断されます。

 

【具体的な判断基準の例】

1、労働時間で規制するのはあわない立場の者

何時から何時まで必ず在社する必要があるというような、本人の裁量の余地がない場合は認められない。

2、重要な職務内容、責任と権限がある

肩書きだけではなく、それにふさわしい責任や権限がある。

3、賃金等の待遇面においても、基本給、役職手当などのその地位にふさわしい待遇がなされている。

少なくとも、残業代以上の役職手当がされているなど。

 

上記に該当しなけば時間外手当を請求できるでしょう。

 

 

また、和解もお考えであれば、いきなり訴訟というよりも労働局のあっせん制度からご利用されてはいかがでしょうか?

(訴訟は時間とお金がかかります)

あっせん制度とは国が話し合いの場を作ってくれる制度です。

その際は、労働基準監督署内にある、総合労働相談コーナーで相談ができます。

(すべて無料です)

その他、平成18年度からスタートした労働審判制度というものもあり、これは裁判所において、原則として3回以内の期日で実効的に解決することを目的とした制度です。

相手が参加を拒否すれば貴方の主張が通ります。

労働審判制度でも貴方が納得いく結果が得られないのであればそのまま訴訟に進むことができます。

労働審判制度の利用は数千円から数万円程度の費用でできますが、貴方により有利にお話を進めていこうと思うのであればこの制度の利用に関しても弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問