JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

都内の老人病院で10年以上ヘルパーで働いている友人からの相談なんですが、最近管理者が変わりいわれのないイジメにあって

解決済みの質問:

都内の老人病院で10年以上ヘルパーで働いている友人からの相談な んですが、最近管理者が変わりいわれのないイジメにあっています。その上最近書類を渡され、見ると配偶者以外独立した成人の保証人を立てるよう書いてあったそうです。
本人が何かしらしたらそれなりの制裁をする。今月9日までに保証人の保険証か免許証のコピーも提出。締め切りを過ぎたら罰を与える。賞与も交通費も廃止。
退職するにしても保証人の書類出さないと辞める迄仕事はさせないと書いてあるそうです。

こんな事通用するとは思いませんが、どうしたら良いのかわかりません。
何とかならないでしょうか

よろしくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご質問、拝見させていただきました。

 

ご友人の事とはいえ、ものすごい無茶を言われているようです。ご本人様のご心痛、お察し申し上げます。

 

ご相談内容に沿って回答申し上げます。

①会社側が保証人を求めることは違法ではありません。

 

②締め切りを過ぎたら罰を与える。賞与・交通費も廃止。

これに関しては問題点がありそうです。このような措置は労働基準法で「制裁」に該当します。しかし「制裁」を従業員に科すには就業規則への記載が必要となっています。就業規則に記載がなく、管理者の思いつきで言っている事なら従う必要はありません。

就業規則は従業員に見せなければいけないものとなっていますので、会社側に就業規則を見せてくれるよう依頼しましょう。あるのに見せないのは不法行為です。

 

③退職するにしても保証人の書類を出さないと辞めるまで仕事はさせない。

これも②で述べた「制裁」の出勤停止に該当すると思います。制裁での出勤停止であればその期間の賃金は支払われません。上記②のように就業規則に記載していなくて会社のルールとして成立していない(管理者の思いつき)のであれば、会社都合による休業になりますので退職日まで働かせてもらえなくても休業補償を会社に要求できます。

 

まず初めにすべきことは会社の就業規則の内容確認です。

 

そして就業規則を見せてもらえない、見たけどよくわかならい、就業規則はないと言われた、という結果でしたら労働基準監督署へ通報すべきだと思います。匿名での電話でも相談にのってくれます。監督署内に総合労働相談センターもありますので、そこにご相談されるのもいいでしょう。

 

最後に、就業規則とは簡単に言うと「会社の必要なルールを定めて、従業員代表の意見書を添付して労働基準監督署へ提出して初めて有効です。会社で作ってはあるけど監督署への提出はしていない、のであればただの内部規定です。その点もご確認された方がよろしいかと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問