JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして 私は東京でタクシー運転手をしております。ペナルティー賃金控除の件でご質問させていただきます。 出勤

解決済みの質問:

はじめまして
私は東京でタクシー運転手をしております。ペナルティー賃金控除の件でご質問させていただきます。
出勤日数の上限は22日で、20日を割ると1日に付き1万円を控除されます。例)16日しか出勤しなければ4万円控除されます。
私の妻は障害者の為、急に休む事があるので20日以上出勤するのが困難な場合があります。
これは労基法91条違反と思われますが、ご回答の程お願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご質問、拝見させていただきました。

 

給与控除と奥様の体調の件、ご心痛お察し申し上げます。

 

ご質問内容に沿って回答申し上げます。

賃金支払いの原則として「ノーワークノーペイの原則」というものがあります。その名の通り働いた分は賃金を払って、働いていない分は支払わない、という単純なものです。

ご相談内容から以下の2つのパターンが考えられます。

①給料形態が月給制

月給制の場合、月給がいくらかによってご相談者様のおっしゃる通り労働基準法91条に抵触する可能性があります。一日当たりが1万円未満に相当する賃金であるのにも関わらず1万円が控除(要するにご相談者様の持ち出し)になっているとしたら、会社の措置は「制裁」にあたります。会社が「制裁」措置でペナルティーとして控除してしまっているならば、91条違反の可能性があります。

一日当たりの賃金が1万円相当で、欠勤のため1万円を控除しているのであれば「ノーワークノーペイの原則」から違法性は認められません。

 

②給与形態が日給月給制

日給月給制は「日給」の積み重ねで1か月分として賃金を支払う形態ですので、ご相談者様のケースにあてはめた場合、一日の日給が1万円であれば、一日の欠勤につき1万円を支払わないのは通常の処理です。

 

会社が使っている「ペナルティー」という言葉の意味が、「制裁」なのか単に「欠勤分不支給」を指しているのかがわかりませんので、一度会社の就業規則を閲覧されることをおすすめします。就業規則は従業員の閲覧に供さなければならない義務が会社にはありますので、会社が閲覧を拒否することは許されません。

もし就業規則がない会社であったら、控除の根拠はどこからきているのか会社側に確認してください。

 

おそらくご相談者様のご質問内容から「月給制」の会社だと思われますので、ご自身の一日当たりの賃金がおいくらになるのかをご確認いただいた方がよろしいです。

 

【ケース1】ご相談者様が一日当たり1万円の賃金と仮定

15日労働した。5日欠勤したから10万円の支給となった。

この場合は15日働いた分の15万円が支給されていないので「制裁」の扱いがされています。このパターンで月の半分が控除されているのでしたら91条違反です。

【ケース2】ご相談者様が一日当たり1万円の賃金と仮定

15日労働した。5日欠勤したからその5日分は支給されず労働日数分の15万円の支給だった。

これはノーワークノーペイの原則から、妥当な処理になります。

 

会社の就業規則のご確認と、ご自身の給与形態のご確認をお願いいたします。

もし「制裁」による減給の扱いだとして、その取扱いにご不満がおありのようでしたら「正当な理由による欠勤」が「制裁」に値するのか、労働基準監督署へ相談されるのがよろしいかと存じます。匿名での電話でも相談に乗ってもらえます。

 

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問