JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

ご担当者様 ・私、上司(社長に対する)に報告を怠ったとして、以前の出張費5万円を請求されました。 支払する義務は

解決済みの質問:

ご担当者様
・私、上司(社長に対する)に報告を怠ったとして、以前の出張費5万円を請求されました 。
支払する義務はあるのでしょうか?
発端は私が報告を怠ったことではあり、その責任は感じてはいます。

・また、上記のことから会社に不信感が生まれ退職したいと言ったところ、「給料にあった、仕事ができていない」「給料泥棒」呼ばわれされ、今までの出張等の経費を支払えと言われないた。その支払いがないと辞めさせてくれません。
金額は300万円弱です。到底払えません。
義務はありますか?
また、スムーズに退職できる方法を教えてください。

仕事内容:アクセサリー商社(ソックス)
契約社員雇用
契約期間:2011年10月1日~2012年3月31日

mailXXX@XXXXXX.XXX
石塚 学
携帯電話:090-2779-6912
携帯mailXXX@XXXXXX.XXX(返答はこちらに希望します)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
出張費5万円というのは、実費の請求ということでしょうか。
いくらなんでも労働者の無知につけこんだ対応のように思います。

労働契約というのは本来労務を提供するかわりに使用者が賃金を支払うことであり、それに伴う経費については使 用者が負担すべきものです。

労働基準法第16条においても使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならないとされています。

また報告を怠ったことによる懲戒処分として考えるとしても、労働基準法第91条では減給の制裁を定める場合において、その減給は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金総額の十分の一を超えてはならないとされているため支払いをする義務はないでしょう。

退職については、2週間前までに予告することによって2週間後に労働契約が終了するとされています。ただしあなたの場合は契約社員とのことですから3月31日以降契約更新の意志を示さなければその時点で労働契約の満了となります。

会社には、このような事を伝えそれでも退職としてもらえないのであれば、労働基準監督署へ相談に行くと伝えましょう。会社は労働基準監督署に申告されることを嫌がりますから退職することができると思います。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問