JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

こんばんは 自己都合退職と会社都合退職について質問があります。 私は消防設備士です。 会社は代表取締役社長、技

質問者の質問

こんばんは
自己都合退職と会社都合退職について質問があります。
私は消防設備士です。
会社は代表取締 役社長、技術長、経理、先輩、自分の5人でやっていたのですが昨年末より社長の78歳の高齢からくると思われる物忘れ、虚言、被害妄想に辟易した社員の技術長、経理が退職しさらに3月末で先輩も退職して4月から2人になってしまいます。会社の経営状態は酷いもので給料の未払いは無いものの下請けの保守点検代、応援人足代、工事代など未払い、遅延等が続いている状態です。
しかし社長本人は何を思ってか「わしについてくるなら雇っておいてやろう、でも土曜日の休日出勤手当2日分と超過勤務手当は無しな、そもそも請求すること自体おかしい」と言う様な事を先日言われました私も限界近いのですが取り敢えず2人でやるなら負担も多いので基本給の昇給や労働条件を記載した雇用契約書を渡して期限を伝えたのですが期日が過ぎても回答もなく日々が過ぎてしまいました。
そこで上記のような条件でも自己都合退職では無く会社都合退職で辞める事は出来ないでしょうか?
因みに退職金も会社に金がないとか言われて出そうにないので雇用保険給付まで期間が空くと生活がしんどいです。どうにかなりませんか?良い方法をご教示下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談内容、拝見させていただきました。

会社でのご苦労、お察し申し上げます。

 

まずお聞きしたいのは、ご質問の中に「雇用契約書」とありますが、雇用形態は「期限の定めのある雇用」なのでしょうか?それとも「1年契約」等を更新している形態ですか?

 

次に退職金ですが会社には退職金制度の規則がおありでしょうか?もし無いようですと退職金をもらうのは難しいと思われます。元々退職金制度が無い会社ですと請求するのは困難です。

 

最後に退職の仕組みですが、雇用保険では「特定受給資格者」というものがあり厚生労働省令で「労働契約の締結に際し明示された労働条件が事実と著しく相違した」場合には「特定受給資格者」と認定され、わかりやすく言うと会社都合退職と同様の扱いとなります。

 

認定に関しては退職の話を会社にする前に、ハローワークでご相談されることをおすすめいたします。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
返答ありがとうございます。
しかし期限を決めた雇用契約書とゆうより籍入れ
した最初から雇用契約書は交わしておりません。
今回、社長が条件はなんや?と問われたので会社に対してこの条件ならまだ会社に残りますと思い私が自分で作成した次第であります。会社
規定も提示された事がなく普通は無いだろみたいな感じでみな退職していきました。
特定受給資格者も存じておりますが自分がこのような状況でそれに該当するのかハローワークで調べても分かりませんでした。
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信いただきまして、ありがとうございます。

 

当初から雇用契約書が存在していなかったのですね。

 

会社規程(就業規則)がなく、退職金規定もないとなると退職金をもらうのはやはり困難だと思います。

 

あとは会社都合か自己都合退職かに問題点は絞られます。

 

ハローワークに提出する離職票には離職理由にチェックを入れる欄があり、これをもし会社側が記入する場合は、その内容に異議がないか労働者が自署する欄があります。

従業員退職時のハローワークへ提出する離職関係書類は社長が記入・手続しているのでしょうか?

もしご相談者様が既に離職の意思を固められているのであれば、書類に「会社都合」としてご自身で離職票を記入され社長に会社記入欄をお願いするというのはいかがでしょうか?

それでも社長が納得しないということであれば、休日出勤や時間外労働賃金の不支給を盾に押してみるべきだと思います。

社長ではやはり話にならない、という最終状況になってしまっているようでしたら、労働基準監督署への通報、法テラスへのご相談が一番いいと思います。

 

まずは社長に①あなたの希望条件の雇用契約書はまだか

だめなら②時間外労働賃金の不支給による会社都合退職の離職票の依頼

やるだけやってダメな場合③労基署や法テラスへの相談 →場合によっては労働審判等での解決

 

の手順を踏むのがよいかと思います。

雇用・労働 についての関連する質問