JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

口頭にて5月15日退職したい旨をつたえたが、引き継ぎ等など、社長直々に”3,4カ月で辞めれると思うなよ”と言われてし

質問者の質問

口頭にて5月15日退職したい旨をつたえたが、引き継ぎ等など、社長直々に”3,4カ月で辞めれると思うなよ”と言われてしまいました。退職届を5月15日退職希望でつきつけようと思いますが、このままでは、却下されてしまうのが目に見えているし、4月に予定している賞与ももらえないと思います。 退職届は提出して2週間で出社しなくてよい効力を持っているといいますが、5月1日に提出し、5月15日から出社拒否も可能なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

退職に関しては労働基準法に明確な定めはありませんので、それぞれの会社の決まり(就業規則)に従うことが原則です。

 

就業規則には「退職は1ヶ月前に書面で通知する」としているところが一般的ですが、どれくらい前に通知すれば有効かは貴方もご存じのように民法627条の「雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」が適用されます。

 

よって、強引なやり方ではありますが5月1日に提出して、退職日以降出社しないことも可能です。

(トラブル自体を避けるためにも就業規則に従うことが望ましいのですが)

 

 

因みに有給休暇は残っていないでしょうか?

なるべく早めに退職届を出して、退職日までの日数を有給休暇にあてることも可能です。

会社は事業の正常な運営を妨げる場合は日にちを変更させる権利(時季変更権)がありますが、貴方のように退職する従業員に対してはこの時季変更権が使用できませんので会社は貴方の有給休暇の請求を拒否することはできません。

 

 

また、賞与に関しても法律上に明確な定めはありませんので就業規則の定めに従うことになります。

一般的には支給日に在籍しているなどの要件を付けているところがありますが、それらの要件を満たしているのであれば会社は賞与を貴方に支払う必要があります。

就業規則を確認して見られるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
入社時の説明で、退職時の有給消化はできませんといわれています。年間10日間の有給はまだ全然のこっているのですが。。。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

返信内容が途中で途切れていますが、回答内容に不明確な点などございましたら再度ご返信ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

雇用・労働 についての関連する質問