JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

remember2012に今すぐ質問する

remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

訪問看護師をしています。昨年8月に入職しましたが、10月よりうつ病を発症し現在も通院服薬治療中です。 職場の人間関

質問者の質問

訪問看護師をしています。昨年8月に入職しましたが、10月よりうつ病を発症し現在も通院服薬治療中です。
職場の人間関係で非常に悩んでいます。
職場には「課長(管理者)」「Kさん(准看護師 勤務10年)」「課長の娘(私と同時に入職)」がおり、計4名で働いています。
課長が、Kさんに対してかなりきつい言い方で指示を出すのを聞き、私のことを言われているわけではないのですが、と ても嫌な気持ちになり、それから憂鬱な気分になるようになりました。
私に対して、「Kさんは仕事ができない」など毎日のように言ってくるのですが、私はそれに対して反論することができず、聞くのみです。さらに、今年に入ってからは、Kさんに対する酷い態度が課長だけでなく、娘も露骨に出すようになりました。
Kさんも私と同時期頃からうつ病になり、通院服薬治療をしています。
二人ともうつ病であるということを課長も娘も知らない状態ですが、職場環境が変わらずどんどん課長と娘のやりたい放題になってきた環境で仕事を続けることができそうになくなってきました。
私自身、以前にも抑うつ状態で通院していたことがあったので、再発になるのですが、今の状態で転職はやはり賢明ではないのでしょうか?
新しい環境になったところで、それに慣れるまでの間のストレスを考えると、また気が重くなります。
どうしたらいいかよくわからず、Kさんと二人で頭を抱えています。
総括管理者に相談してみようかとも思いましたが、課長に対して絶対的な信頼を置いているので、私たちの話には耳を貸してくれません。
また、現在の状況で部署変更も望めません。得策はないものでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

お辛い状況の中、ご質問ありがとうございます。

労働分野を専門としている社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

ご質問内容からはKさんに対する課長と課長の娘の言動がパワハラに該当するかどうかは判断できませんが、現時点ではパワハラそのものを裁く法律はなく、解決が難しい問題ではあります。

 

しかし、使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)がありますので課長や課長の娘の言動は許されることではないでしょう。

 

 

通常、職場環境の改善はその環境を作っている本人(課長)に求めても改善されませんので、その上の上司や、人事部等に相談することになります。

総括管理者に相談しても耳を貸してくれない、また部署変更も望めないのであれば、第三者の機関に頼らざるを得ないのではないでしょうか?

 

このように法令に直接違反していないことに関しては労働基準監督署では判断できませんので、総合労働相談センターで相談に応じてくれます。

相談内容によって都道府県労働局長による助言・指導が行われることがあります。

 

 

転職もご検討されているとのことですが、今の状況で体調が悪化するようであれば転職をされたほうがよいと思います。

このような職場環境に関する問題はすぐに解決することは難しく、上記のような方法で行政からの指導により一時的に解決したとしてもその後再発するケースが多いようです。

ご自身の体調を第一に考え、ご判断されることをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.
先日、診断書を持参して施設長の所に相談に行きましたが、その時は、課長自身にも問題があるかもしれないとのことで、課長と施設 長が話し合いを行うとの回答でした。
診断書は、施設長に受理されました。
しかし、2日間全くこちらへの連絡が無かったため、職場に出向いたところ、課長からは、かっこ『休職したとしても、戻った時には同じ環境で働かなくてはいけないが、やっていけるのか。』と言われ、そのまま施設長のもとに一緒に行きました。
すると、施設長からは、「スタッフが4人しかいない職場で3ヶ月もの休職はさせられない、今すぐ続けられるのか、辞めるのかを決めなさい。」と言われました。
私は、その時は、返答出来ず考えますと答えたのですが、2~3日以内に結論を出すよう迫られ、その場で施設長が課長に「新しい人を捜そうか」と言っていました。
証拠としての録音等が無いため、法的に訴えることは出来ないのかも知れませんが、休職願を出した後、そのように自主退職を迫られるのは、何か公にしたりどうにかそのことを罰するなどの方法は無いのでしょうか?
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

 

 

貴方の職場には休職制度はあるのでしょうか?

休職に関しては労働基準法に定めはなくそれぞれの職場の定め(就業規則)に従うこととなります。

 

自主退職を迫られようと貴方が辞める意思がないのであれば貴方から辞めるとは言わないことです。

貴方の職場の休職制度に従って休職願いを出したのであれば使用者は貴方を休職させないといけないでしょう。

但し、一般的な会社の休職制度では「3カ月~6カ月程度の休職期間が満了した際に、その休職事由が消滅しない場合は自然退職とする」と定めているところが多いのようなので、そのような定めがあればそれに従うことになります。

 

 

貴方が自分から辞めると言わないと施設長がどのような対応に出るか、まだ不明ですが解雇をしてくるようであれば不当解雇として争うことになります。

その際は、先の回答で述べさせていただいた行政を利用する方法のほか、地域ユニオンに加入して職場に対して不当解雇を訴えていかれるとよいでしょう。

 

仮に、貴方がこの先勤務を望まれないのであれば、自己都合退職、もしくは退職勧奨での退職として使用者に退職後の生活保障(給料の1~3カ月分)を交渉していくことも可能だと考えられます。

 

 

 

 

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

回答を補足させていただきます。

 

貴方は公にすることで職場に対して何か罰則が与えられることをお望みであるかもしれませんが、現実的にはこのようなことを行政に訴えても職場に対して指導が入る程度でしょう。

場合によっては自助努力による解決を勧められてそれまでということもあります。

 

 

まず、貴方が今後どうしたいか(仕事を続けていくのか、もしくはいい条件で退職して次の仕事に備えるのか)を考えていくことが必要だと思います。

貴方がどのような結果を望むかによって、職場に対する対応も変わってきます。

 

 

 

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • remember2012

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MR/Mr.K6307/2011-8-28_81237_6C53.64x64.jpg Mr.K6307 さんのアバター

    Mr.K6307

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    76
    2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YS/yspop2000/2011-10-20_222210_DSC4088.64x64.JPG yspop2000 さんのアバター

    yspop2000

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    29
    元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EN/enas1103/2011-8-28_142524_2010101623.08.19.64x64.jpg ena0725 さんのアバター

    ena0725

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    7
    平成17年度社労士試験合格。19年社労士登録。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tokyoyuka/2011-10-28_23118_SH3L00053.64x64.jpg tokyo-yuka さんのアバター

    tokyo-yuka

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    4年生大学卒 日本年金機構の職員を経て2010年開業登録 現在も年金相談窓口業務を担当 その他スクール社労士科講師など
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tondensr/2011-10-24_8272_bigshirt.64x64.jpg beallears-sr さんのアバター

    beallears-sr

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    86
    法学部卒業
 
 
 

雇用・労働 についての関連する質問