JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

26歳アルバイトです。 四月から公務員に就職が決まり、アルバイト先で有給休暇を取得しようとしたところ申請するのはシ

解決済みの質問:

26歳アルバイトです。
四月から公務員に就職が決まり、アルバイト先で有給休暇を取得しようとしたところ申請するのはシフト作成時しかできないから四月分で有給を取得してくれと言われました。
来月から公務員として働きますので、副業が禁止されているので今のアルバイト先に所属することはできないと思うのですが、こういった場合は有給休暇は諦めるのが妥当なのでしょうか。因みに計算してもらった所、有給は七日取得できるそうです。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野を専門としている社会保険労務士です。

 

 

4月から公務員で就職が決まっているということであれば、現在のアルバイトを3月末で退職予定でそれまでの期間を有給休暇に充てるということでよろしいでしょうか?

それを会社が認めてくれないということで回答させていただきます。

 

 

有給休暇に関しては労働基準法第39条に明確な定めがあり、従業員に「有給休暇をこの日に取りたい」という権利があります。

これを時季指定権といいます。

会社は事業の正常な運営を妨げる場合は日にちを変更させる権利(時季変更権)がありますが、貴方のように退職する従業員に対しては会社はこの時季変更権が使用できません。

よって、有給休暇を申請するのはシフト作成時しかできないというのは会社が有給休暇の取得を拒否する理由にはなりません。

(そもそも貴方が退職する場合でなくてもこのような理由は通りません)

 

このようなことを引き合いに出し、再度いつからいつまでと指定し有給休暇を申請するとよいでしょう。

 

それでも会社が認めてくれないのであれば労働基準法違反となりますので、労働基準監督署に申告すれば会社に対して指導・是正勧告がなされるでしょう。

 

 

 

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問