JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

本日、労働基準局に行ってきました。 そこで 新たに報告があります。 実は ウチの主人は彼に「解雇」「クビ」などと

解決済みの質問:

本日、労働基準局に行ってきました。
そこで 新たに報告があります。
実は ウチの主人は彼に「解雇」「クビ」などとは一切言っていなかったのです。
私も労働基準局に行き聞いてきました。
基本的に言っているのが違います。不当解雇ではありません。
山田から当日伝えた事は「退職勧奨」です。
「◎くんは厨房でもなんでもできるって言うから雇ったけど、味見とかお酒を飲んで、みんなに勧めて結局は何もできていないんと違うか?それでみんなは◎くんがいるとみんなは辞めるって先日もみんなの前で聞いたやろ。ウチもみんな辞めてもらったら困るし。」すると◎くんは
「解りました。お世話になりました」って言った。自分で辞めると言ったんです。
事実2月はお酒類は店も開店していないのに半分以上減っています。店の商品です。
それを使い結局は 何もできていない事実。
こちらは解雇、クビなどは一言も言っていないです。
その証拠に私はみんなが「赤嶺くんがガンなんです」と辞めさせてほしいと言ってきた時には私は辞めさせたくないと止めました。
退職勧奨の理由としては 私たちがいない時に友達、辞めた人などを
勝手に店内に入れたり、私たちに報告なしで従業員を店外に出したり、休みの日の午後10時過ぎに何の報告もなく勝手に店内に入ったり、みんなが◎くんに対して困っていると言って来た事実です。
労働基準局に聞きましたが、勤務の問題で退職勧奨は不当解雇ではありません。

私たちが信じたと言う事も悪かったのかもしれませんが、今回はこの件を認めるのだとしたら3月の給料と交通費。それと1か月分は出しましょう。
その代わりに「今後一切関わりを持たない」と念書を文書で下さい。

クビだ解雇だと言ったのなら・・不当解雇で30日分の保障はあると・・そればかりを考えていましたが「退職勧奨」など知りませんでした。
彼に上記の文章を送ろうとは思いますがどうでしょうか?
違反などありますか?
これが彼に通らなかった場合で 彼が労働基準局に再度言ってきた場合はどうなっていくのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

退職勧奨であれば解雇ではありません。

 

彼がご主人の退職勧奨を受け入れ、それに応じた形であると考えますので、合意退職であると思われます。

 

よって、働いた分(出勤した分)については支払い義務はありますが、それ以上に1ヵ月分などの余分に出す必要はないと考えます。

 

余分なものを出せば逆にこちらに少しでも非があったことと、とらえられてしまう可能性もあります。

 

しかし、なぜ労働基準局(労働基準監督署では?)は30万円を支払えと言ってきたのでしょうか?

解雇だと判断して解雇予告手当の支払いを求めてきたのでしょうか?

 

いずれにせよ退職勧奨(執拗な退職の強要は不当になります)については、法違反や不当な行為ではないため、法違反でない以上は労働基準監督署は動けません。

 

彼の要求については、事実を文書で示し、給料以外についての支払いは否定されるほうがいいと考えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

 

30万円と言うのは 雇用の始まり、2月2日~2月29日までの給料と交通費で114000円。(これは支払済み) この1か月から算出した金額と 3月12日までの交通費と給料を

大体で彼が伝えた金額です。

 

本日、労働基準局で きちんと日数と時給を出してもらい、227000円になりました。

 

しかし・・労働基準局も理由が正当であっての「退職勧奨」なら支払う事はないです。との事でした。

 

正直彼の家庭環境から、支払ってあげた方が 縁が切れることの優先でいいのかと思い、

 

「私たちが信じたと言う事も悪かったのかもしれませんが、今回はこの件を認めるのだとしたら3月の給料と交通費。それと1か月分は出しましょう。
その代わりに「今後一切関わりを持たない」と念書を文書で下さい。」と念書でも出してもらった方がいいのかと 思いました。

 

どうせするのなら文章で書いてもらってからの支払の方がいいですね。

支払をどうしようかと迷っています。

凛として構えたらいいのですが、彼の豹変も見ていますので怖い部分もあります。

お金でおとなしくしてくれれば・・と言う気持ちもあります。

こういうことをしてくる人なので反面、一度支払うと・・とも思います。

迷います。

 

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

最終的には貴方が判断することになりますが、ご心配でしたら弁護士等の法律専門家にお願いして、余分なものは支払わないようにしたほうがいいと考えます。

 

悪い人というのは、取れると思ったところから取るという意識があると思われます。

 

1か月分出すのであれば、法律専門家に依頼されたほうが費用も安く、法的な対処もスムーズにいくのではないかと考えます。

 

一人で考えずに専門家がいるので、積極的に利用したらいいと思います。

 

私としては、払わないでいいものについては毅然として払わない方が後々のためであるとも考えます。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問