JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

先ほどは迅速な対応ありがとうございました。 経営者としての解雇の事がよく解りました。 そこで 今度は 感情論でお

解決済みの質問:

先ほどは迅速な対応ありがとうございました。
経営者としての解雇の事がよく解りました。
そこで 今度は 感情論でお話しを聞きたいと思いました。
労働基準局は こちらの意見は全く聞いてくれませんでした。
「支払いがなされなければこちらが動きます」
「何か言いたいことがあれば、あとは民事でされたらいいと思います」
のみでした。

そこで、お店はカフェ&バーで3000万円の投資をしました。
2月からオープニングでアルバイトの人を9人雇いました。
男性は彼がひとり。彼は頑張っているように見えました。
彼が「僕は他のバイトを辞めてここに来たい」と言うので「キッチンできるか?」と言うと「居酒屋にいるのでなんでもできる」と言う言葉を信用しリーダーに 昇格しました。
ところがオープン前日に「彼がこの店の癌です。彼を首にしないと私たちが辞める」と4人の女子バイトが言ってきました。
私は「彼は頑張っているのでしっかりフォローをしてあげて協力して」と頼みました。
しかし、次のオープンの日の朝に3人が辞めました。
私たちの前ではいい顔をしていたみたいです。
みんなにも「オーナーにはいい顔をしたら時給が上がる」とか「いう事を聞かないと僕が首にしてもらいます」とかの話をしていたようです。
それがみんなの不安要因になったようです。
他のバイトはみんな大学生です。彼は違います。
それと「味見」「試飲」と言い、まだ開店前の店の食べ物、バーの飲み物も20万円近く 自分たちだけで店のお酒を飲んでしまいました。
ある程度「勉強」と言う名目で許していた面もありますが、結局は3月になっても何もメニューもできていないと言う事でした。
そこで 私たちのいないところで 友達を呼び、キッチンに入れたり、辞めた子を呼びよせたりしていました。
店内の事を 店の業者にも不安を伝えたりもして、心配されたり、大変びっくりしました。彼がいろいろと内情を出入りの業者や店のビルのオーナーなどに言っていたみたいです。

3000万円の投資がオープンから1か月で閉店。
バイト9人の給料70万円。
彼がなんでもできると信用した上での商品の飲食費30万円以上。
人事を担当している主人も自分が選んだことに対しての責任で寝込んでしまいました。
辞めてと言う前に 一度彼に注意をした時に口悪く罵りました。
自分たちに彼を信用した非はあると思いますが、結局はオープンに対してのやると言っていた事も何もできていない。
飲み食いして バイトの女性をかき回し、辞めさせれば 不当解雇。
飲み食いは横領と前のメールにも書いていましたが、何も店に利益にならない事を理由に損害賠償ってできるのでしょうか?

彼と同じ次元になるのは嫌なのですが、このままではあまりにも代償が大きすぎ悔いが残りそうです。
彼の素行は 心配してきてくれている大人が4人くらい彼の言動など聞いています。
何とかこの状況は 損害賠償とか名誉棄損などにあたるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

損害賠償については、実際の飲食代等についての損害は請求できる可能性はあると考えます。

 

ただし、貴方自身もそれを知っていて、注意指導を行っていなかったのであれば、認めていたと取られ、横領や窃盗には当らない可能性もあります。

 

彼が悪意をもって貴方のお店を閉店させるつもりで、様々な行為をしているのであれば、訴えることも可能だと考えますが、それを立証するのは難しいのではないかと考えます。

 

お店の閉店が彼の背任行為等であることを立証できれば、損害賠償請求等をすることは可能であると考えます。

 

損害額が高額なため、訴訟を起こすことは自由ですが、どれだけ取り戻せるかはやってみなければ分かりません。

 

訴訟に関しては、一度法テラスに相談されることをお勧めします。

http://www.houterasu.or.jp/

 

しかし、彼がいなくなったことでお店の再開は難しいのでしょうか?

 

不安要因もなくなったことで、今度は本当に信用できる方が見つかるまで貴方自身が先頭にたって、なんとか再開し、頑張ってほしいと思うのですがどうなのでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

遅くまでありがとうございます。

明日一度、彼の地域の労働基準局に行ってきます。

2月の給料114000円÷29日×30日 で解雇金がよいのかを聞いてきます。

 

本当は特に損害賠償を取りたいのでもなく、時間の浪費だと本当は思っています。

ただ・・彼の裏切り行動があまりにも 夢に対しての反感になってしまっています。

私だけは彼を信頼し、帰りには彼が「ここに飲みに行きたい。食べに行きたい」と息子のように連れていってたので非常にこの結末は残念でした。

再開は主人が非常に落ち込み、もう人を雇うのは怖いと言って終わりたいと言っています。

家賃も一か月90万円。3人残っていた人にも 3月末で辞める旨を伝えています。

辞めるのだから・・と、これは 解雇にはならないですよね?

例えば、1~2か月後に再開するとしても 彼女たちは再度雇わなくてもいいですよね?

 

この子たちも彼がいると辞めると言った子で その時は私は彼をかばっていたので、残った彼女たちにとっては 自分たちより彼を取ったとあまり仕事に意欲を出してくれません。

「いらっしゃいませ」も小さく、「もっと元気よくね」と言うと「やってます」と反論します。

また辞めさせると 彼のようになるので 店を閉店すると伝えていますし、本当に4月は店としての営業をしません。

すべては 彼をかばった責任もあると思うのですが・・その今の現状から 明るいお店に立ち直れないと感じています。

しばらくは・・仕入れと人件費がなければ 何とか店を事務所に使います。

改めて・・少しづつ立ち上がっていきたいと思います。

あと・・残った彼女たちに対しての 責任はどこまでありますか?

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

事業所閉鎖によるものでも残った3人に対しては解雇となります。

 

ただし、今回の場合については、事業所閉鎖もやむ得ないため、合理的な理由のある解雇であると考えます。

 

解雇についてのルールはすでに理解されていると思いますので、30日前までには解雇予告する必要があります。

 

すでに事業所閉鎖を伝え、残った3人も同意をされているのであればいいと思われます。

 

残った3人に対しては、最後の給料の支給についての責任があり、その他については特段ないと考えます。

 

余談ですが、人については、重要なポストを任せる場合には特に上司のチェックが欠かせないことだと思います。

 

金銭が絡む業務についてはなおさらだと思います。

 

また、貴方が再び立ち上がれることを願っています。

質問者: 返答済み 5 年 前.

★ありがとうございました。

 

最後に もう少しだけ教えて下さい。

 

・今後、雇うとして 契約書を作り、そこに「1か月試用期間で更新をするか決めます」とか

「半年契約」です・・・とか 双方に依存がなければ契約は続行します・・とか書いて、店のコンセプトに合わなければ 「契約期間終了日」に解雇してもいいのですか?

(1月~3月として 3月末に契約を解除します。と言っても解雇にはならないのですか?)

 

・これらを書いたとしても「30日前の通告」は必要あるのですか?

 

宜しくお願い致します。

 

 

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

試用期間と期間の定めのある有期雇用契約は違います。

 

試用期間はあくまでも試用期間であり、本採用しないのであれば、解雇となります。

 

有期雇用契約の場合、例外はありますが契約を更新する可能性があるのであれば、どういった場合に更新するのか明確にしておく必要があります。

 

例えば、会社の経営状況等です。

 

店のコンセプトに合わないというのはわかりにくいため、もっと具体的な条件としてください。

 

例えば無断欠勤をしていないことなどです。

 

そして、更新の条件に合わなければ、解雇ではなく契約期間満了(雇止め)となり雇用契約の終了となります。

 

有期労働契約についての資料を参考にしてください。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoukeiyaku01/dl/14.pdf

 

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問