JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

契約社員をしていたのですが今月の7日に休日を取って以降、4・5日間何も知らされずに仕事を干されていました。その間ずっ

質問者の質問

契約社員をしていたのですが今月の7日に休日を取って以降、4・5日間何も知らされずに仕事を干されていました。その間ずっと出勤時間の確認電話を会社にしていたのですがその度に明日は入っていないと言われ、5日目になってアルバイトに手をあげた件が問題になっていて4度目だ から入れられないと言われました。解雇という形ではなく自主退社という形で、今月いっぱいで辞めてもらう形になるとの事でした。当初は残っている有給休暇は消化できるという話でしたので、退職願等の書類手続きを済ませ、数日後に給料明細の受け取りと有給休暇の申請に行ったところ有給消化を断られました。忙しい時期に会社に迷惑を掛け損害も被ってるから、普通なら解雇にするところを自主退社にしているから、有給消化は拒否できるとの事でした。アルバイトの親が会社に来て大きな問題になったらしいのですが、手をあげたといっても殴ったりといった怪我を負わせるようなものではなく、制服を掴むくらいの事でしたし私から事情も聞かずに急に辞めてもらうというのはないと思います。有給休暇は消化できないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答させていただきます。

 

具体的に退職日の前に有給休暇の申請はしたのでしょうか?

 

有給休暇の申請を行ったのであれば、解雇を自主退職にしていようとも会社は拒むことはできません。

 

貴方が会社に迷惑をかけているので有給休暇の申請をしないということであれば別ですが、申請しているものを拒否することはできません。

 

有給休暇は会社に在籍している間の権利なので、退職後は取得することはできません。

在籍中に有給休暇を申請して、その申請が認められずに欠勤として、給与から欠勤控除されていれば、未払い賃金となり法違反であると考えます。

 

また、働いた5日分の給料ですが、これももらう権利はあり、会社も支払い義務があります。

もし、支払われないのであればこれについても未払い賃金となり、法違反であると考えます。

 

未払い賃金があった場合には、会社に請求するとともに有給休暇を申請したことを証するもの(いつ申請したかのメモでもいいです)、5日分の出勤日、過去の給与明細書を労働基準監督署に持参して、法違反の申告をしてください。

 

労働基準監督署より指導・是正勧告がされるかと思われます。

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

先の専門家に代わって回答させていただきます。

 

 

まず、解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められるものでなければ無効とされます。

客観的に合理的な理由とは就業規則上の解雇事由に該当しているか、社会通念上相当とは労働者の実情、過去の行い、他の従業員に対する処分との均衡や解雇手続きなどによって判断されます。

貴方がアルバイトに4度手をあげたということですが、その事で今まで会社は貴方に対して始末書などの措置は取っていたでしょうか?

貴方の仰るように事情も聞かずに急に辞めてもらうというのは不当解雇に該当し、解雇の無効を主張できるでしょう。

 

 

しかし、今回はすでに自主退職ということで退職願い等の書類手続きも済ませているということですので貴方にとって不利な状況ではあります。

また、有給休暇は労働者が請求した場合には使用者はそれを拒否することはできませんが、あくまで事前に請求する必要があります。

退職される前に、いつからいつまでというように期間を指定して有給休暇の請求をされましたでしょうか?

されていないのであればこれも貴方にとって不利となります。

 

 

一方、今月働いた5日分の給料は当然の権利として請求できます。

また、退職した場合は本来の給料日にかかわらず、会社は貴方が請求すれば7日以内に支払う必要があります。

 

 

5日分の給料の不払いは労基署に申告することで支払いを受けることはできると思いますが、それ以外の今回の退職に関する是非、有給休暇の取得等は、現在の状況(貴方に不利な状況)を考えると貴方お一人で会社に主張していくことは難しいと考えられます。

 

会社に労働組合はないと思いますので、地域ユニオンに加入し、今回の退職が自主退職ではなく解雇であったことを会社に認めさせて、解雇予告手当等を請求するとよいでしょう。

または、不当解雇を主張し、有給休暇を使用した上で改めて自主退職するのも一つの選択肢でしょう。

 

 

保険証の返還に行くのがいつかは不明ですが、返還した後でも地域ユニオンに加入して対応は可能です。

 

 

地域ユニオンとは…

貴方のお住まいの地域で組織される労働組合です。

誰でも一人でも加入することができます。

(ネットで検索すればでてくると思います)

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
回答を急いでいたのに返信が遅く、回答も不十分でしたので払い戻しを希望しています。
ですが、回答の閲覧をすると承諾する以外の選択肢がなく、払い戻しの手続きをしても出来ない状態です。
それなのに、別の回答が来てこれも不十分なものでした。
どうすれば払い戻しが出来ますか?
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

では、こちらのほうからサイト運営者に払い戻しのリクエストをしておきますね。

 

ご利用ありがとうございました。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
ありがとうございます。
私はどうすればよいのでしょうか?
何もしないで平気ですか?
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

サイト運営者のほうから連絡がいくと思います。

海外にある会社ですので、現地での営業時間中にメールがくると思いますよ。

雇用・労働 についての関連する質問