JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

総務省系の独立行政法人にパートで3年勤めています。今年1月に1回目の面接があり辞めてもらうかもとのこと。その理由が3

質問者の質問

総務省系の独立行政法人にパートで3年勤めています。今年1月に1回目の面接があり辞めてもらうかもとのこと。その理由が3年契約なのでというのですが入社した時に契約書を一切交わしておりません。他の3人のパートも同じで2月2回目の面接があり3月をもって全員退職するように勧告されました。2回目での面接では財政的な理由でした。会社のいうがままに退職するべきでしょうか?又今日上司と話し合う機会を持ちましたが財政的な理由 ではなく会社の体制が変わり新たに私たちに代わりフルタイムのパートを雇うとのことです。私たちはフルタイムでは勤務できないとは一言も言っていません。むしろフルタイムokパソコンokと返答していますが会社は聞く耳をもたずあなたたちを信用していたのに裏切られた気分だという始末です。文書での正当な解雇理由を要求しましたが2回目の面接の日付にしますとのことでしたので文書を書いた日の日付にしてくださいとお願いしました。解雇通告文書を手渡されたときは全員「保留」もしくは「検討」という形を取ろうと思っています。この手段で正しいかどうか教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.
貴方の対応は正しいです。
会社からの文書が来ら「不当解雇」とのことで早めに監督署に行かれたほうがよいと思います。

また、パートを5時間以上働かせたくないのは、
社会保険の加入義務が法的に発生するためだと推測します。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今日の面接で継続して働きたいのなら会社を退職して新たに採用試験を受けてもらうことになるといいました。採用試験を受けてもとても採用されるとは思えません。退職をするのを条件に退職金を要求することは可能でしょうか?

 

専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.
退職金は、よく「解決金」と言われますが、可能です。
ちなみにだいたいの相場は給与の3~6月分です。

ご自身での交渉で難しい場合は、労働局のあっせんを受けることもできます。
また、多少過激な交渉になりますが労働組合(ユニオン)に訴えることもできます。

いずれにしても、解決金を狙うのか、在職を希望するのか、
目的を明確にして交渉しましょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

解決金を申しこんだ場合労基署に訴えるといって交渉を進めることは脅迫行為にはなりませんか?なぜなら会社としては労基署に訴えるといわれるのが一番困るからです。契約の面もそうですが扶養控除の書類も一切なく最近税務署が入り過去5年間の扶養控除の書類をまとめてかかされました。パートの雇用に関しては大変ずさんな会社です。

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が遅い.
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

法人が解雇通告をしてきた場合は、解雇理由証明書を請求してください。

 

請求しても交付しないのであれば、法違反のため労働基準監督署に法違反の申告することを伝えてください。

 

基本的に解決金のためとはいえ、労働基準監督署に訴えることをたてに金銭を要求することは脅迫になる可能性も高いのでやめたほうがいいと考えます。

 

解雇について、不当解雇であるため、退職勧告を受け入れる代わりに退職金等を要求する交渉はいいと考えます。

 

あくまでも不当解雇をするのであれば、労働基準監督署への相談や訴訟も考えていることを伝え、退職勧告をするのであれば、受け入れる変わりに退職金を要求するようにしてください。

 

絶対にしてはいけないことは、退職を強要されても自分からは退職の意思表示をしないことです。

 

また、いままでの法人の退職強要について、詳細に紙に記録しておくことと、今後についてもできれば録音やメモでもいいので記録しておくことをお勧めします。

hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験: 4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問