JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

会社からセクハラでの自認を求められ自認書を記入してしまった、しかし私は精神病院に通院しており、自認した時は精神状態が

質問者の質問

会社からセクハラでの自認を求められ自認書を記入してしまった、しかし私は精神病院に通院しており、自認した時は精神状態が異常であり、会社から懲戒解雇の通知がきた。セクハラの事実はなく会社に懲戒解雇の決定に対しての弁明をおこないたいのですが、うつ病であることとセクハラの事情聴取の際の精神状態について会社に抗議したいです
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
会社から精神的に不安定な状態のところセクハラの容疑を高圧的にかけられたため自認書を記入してしまったということですね。

懲戒処分については就業規則にそのルールが定められて おり、解雇については労働者の収入をいきなり奪う処分にあたるため本来は就業規則に解雇する際の手続きが定められている(一般的には懲戒処分の際に弁明の機会を与えると定められている)場合が多いように思いますが、就業規則の確認をしてみましょう。

また会社が一方的な処分の後取り合ってくれないようであれば、労働局や労働基準監督署に総合労働相談コーナーがありますからこちらであっせんの申込をしましょう。

あっせんとは会社と労働者のトラブルに対して弁護などの第三者が間に入いることによって双方の主張の要点を確認した上で紛争の解決を図る制度となります。また無料で利用することができます。

雇用・労働 についての関連する質問