JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

勤続20年になりますが、1月の給料を勝手に1万円下げられ(上司は5万円)社長に抗議に行きました。すると2月の給料は元

解決済みの質問:

勤続20年になりますが、1月の給料を勝手に1万円下げられ(上司は5万円)社長に抗議に行きました。すると2月の給料は元に戻っていましたが1月にひかれた1万円は戻って来ず。先週の朝礼で、給料の見直しにより4月1日から、今の給料より3万少ない金額を提示されサインするように言われました。その日は1週間考えさせて下さいとお願いし、一昨日が返事の日で、サインはしないと伝えました。[サインをしない者は解雇]と言われていたので、解雇日が、いつかを教えて下さいと言うと、返答は2~3日待ってほしいと言われました。この場合、今月の給料は、今までの給料分、もらえるのでしょうか?あ と、解雇日は、いつから計算されるのか? 辞める前は、有給を使おうと思っています。(いままで1日も使ったことがありません。)有給を使うと皆勤手当が付かないと、以前、先輩に聞いた事があります。正しいのでしょうか?  中小企業なので、社長が言うことを黙って聞いてきましたが、どうも納得いかない事がありすぎて、この先のことを考えていると、夜も眠れません。どうか助けて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
労働条件については、労働者と使用者が合意することによって決定されるのが原則となります。労働契約法 8条において労働条件の変更についてもは労使の合意により変更することができるとされています。

同意を得ずに一方的に給与を引き下げているわけですから、これは労働基準法24条の賃金の全額払いに違反していることとなります。

サインをしない者は解雇というのは正当な事由を欠いているため解雇権の濫用にあたるため不当解雇と言えるでしょう。

また解雇する場合には、少なくとも30日前に予告するか30日以上の平均賃金を支払わなければなりません。

退職する際の有給休暇については、まとめて取得することも可能です。言った言わないを避けるため紙に書いて有給を取得するようにしましょう。もちろん有給をとったからといって皆勤手当を支給しないというのは認められません。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問