JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

はじめまして。 契約社員(1年ごとの更新、最長5年まで更新可能)として働いており、2012/3/31で満5年になる

質問者の質問

はじめまして。
契約社員(1年ごとの更新、最長5年まで更新可能)として働いており、2012/3/31で満5年になる為、
今年社員社員・S契約社 員登用試験を受け、不合格となり、雇用体系を変えて来年度以降働くことが
出来なくなった為、契約満了で退職の流れとなりました。
現在:R契約社員---最長5年まで
S契約社員:1年ごとの更新、契約の期限なし
いくつか質問はあるのですが、まずは簡単に下記を問い合わせたくメールしております。
①不合格が不服の為、マネージャに問い合わせたところ、人事判断なので、人事担当と話す→不合格の
理由は私に説明する必要はない、と仰いました。
提示できるのは筆記:B,業務:C,面接:Cという結果と、面接担当者のフィードバック簡単な内容
私が知りたいのは、何を基準に「C」となったのか、なにを持って「C」となったのか、「C」があると不合格なのか、
等ですが、なにも明確な説明はなし。
不合格な明確な理由を提示して欲しいと訴えるのは違法ですか?
②もう退職するのは決めたのですが、離職票で「契約者に更新の意思があった」と私は会社に訴えたのですが
会社からの回答は、
 5年満了でのご退職の場合、離職票に記載する離職理由は、
 「採用又は定年後の再雇用等にあらかじめ定められた雇用期限到来による離職」となりますので、
 契約更新意思の有無について、離職票に記載する事はありません。
とありました。
試験を受ける=更新の意思があった、とはみなされないのでしょうか?

以上です。
アドバイスよろしくお願い致します。
山田
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.
①会社が明確な理由を提示する義務はありません。
貴方が訴えること自体は違法ではありませんが、
裁判等で勝てる見込みは薄いと考えます。

②この場合は「更新の意思があった」には該当しません。
会社の対応は正しいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

②この場合は「更新の意思があった」には該当しません。
会社の対応は正しいです。

では、更新の意思を示すのはどうすればいいのですか?例を挙げて説明いただけますか?上司にも来年以降も働きたいと伝えていますが不十分ですか?これから伝える方法はもうないということですか?

 

①は義務がないのは分りました。結局会社が要らない人材は、不合格にすればいいんですね。私はワーキングマザーで時短勤務です。業務の数値は通常勤務の方と同等ですし、社員のワーキングマザーよりも良い数値を残しています。

試験結果のフィードバックも納得いかないですし、時短勤務をマイナスでは見ないといっている会社ですが、なにがマイナスに評価されたのか、まったく納得できません。

訴えても勝てないのは分りますが、労働基準監督署に言っても相手にされないということですか?今後の女性社員のためにも、ワーキングマザーの地位が低すぎることを訴える機関はないのですか?私の部署には先輩のワーキングマザーはいないので、会社の理解も低いですし、2010年度から復帰した同部署の1人も苦労しながら働いています。

ダイバーシティーといって、女性の地位向上を唱える取り組みもありますが、そこに言ったところで何も変わらないのでしょうか?

専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.
②契約が5年間とあらかじめ決まっている場合は必ず「採用又は定年後の再雇用等にあらかじめ定められた雇用期限到来による離職」になります。
契約期間の上限が決まっていない場合は更新の意思表示できます。

①労働基準監督署では取り扱いません。
都道府県の労働局に「雇用均等室」という類の名称で担当部署があります。
ワーキングマザーの地位向上のアドバイスや会社への指導をしてくれます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

では、離職票の2の(2)にしかならないから、(3)の更新うんぬんは全く関係ないということですね?
ハローワークで異議を唱えても、失業保険は3ヶ月後からしかもらえないというのがあなたの結論ですか?
試験があったとか、不合格になったとか、ここではこの経緯自体まったく考慮してもらえないということですね。

専門家:  Mr.K6307 返答済み 5 年 前.
その通りです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答させていただきます。

 

貴方は契約社員とのことですが、雇用契約書はありますか?

 

雇用契約書に契約更新の有無についての記載がありませんか?

「使用者は、有期労働契約の締結に際し、労働者に対して、当該契約期間満了後における更新の有無を明示しなければならない」

契約締結時の明示事項(平成15.10.22厚労告357号)

 

そして①自動的に更新する、②更新する場合があり得る、③契約の更新はしない、というのがあると思われます。

 

③であれば更新はされないと考えます。

 

相談内容からすると②に該当しているのではないでしょうか。

そして、その基準が会社の試験に合格することであり、不合格により更新されないのであれば、不合格の理由は明示されるべきと考えます。

 

不合格理由が合理的な理由でなければ、会社と争うことも考えられます。

 

不合格理由を会社が明示してくれないのであれば、まずは文書で再度不合格理由の明示を要求してみてくださ。

 

その不合格理由が不当または明示の要求に応じてくれないのであれば、労働局にあっせん制度という制度があります。

 

あっせん制度は会社と労働者の紛争について、第3者(弁護士等)が間に入って円満解決を目指す制度です。

 

費用は無料で手続きも裁判よりは簡易です。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

第5条 (雇用契約)
1. R契約社員の雇用契約期間は1年以内とし、雇用契約書で個別に定める。
2. 前項にかかわらず労働基準法第14条第1項各号に掲げるものに該当する場合は3年以内とする。
3. 契約期間満了後、勤務成績が良好の者については、業務上の必要により雇用契約を更新することがある。但し、通算の契約期間は、5年間を超えないこととする。
4. 第2項および第3項に該当する場合は、契約の更新を行わない。
 
第6条(雇用契約終了の予告)
 契約更新を行わない場合は、雇用契約期間満了の30日前までに予告する。


これが雇用契約ですが、③になりますよね?
もともとこれ以上働けないから、試験を受けて社員かS契約社員になって下さいと指示され、結果落ちて
自己都合扱いの退職になってしまうのは、どうしても納得できません。
対応策を教えて下さい。お願いします。

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

そうですね。

 

貴方の言うとおり③です。

 

更新の条件が会社の試験合格がであれば、合格基準や不合格についての詳細な説明があるべきであると考えます。

 

不合格理由が不当であれば、不当な雇止めであると考えます。

 

また、退職についてですが、自己都合扱いではないと考えます。

 

雇用保険の失業給付について、特定受給者の「解雇等により離職した者」があります。

その中で「期間の定めのある労働契約の更新により3年以上引き続き雇用されるに至った場合において、当該労働契約が更新されないこととなったことにより離職した者」とあります。

 

上記に該当すれば、会社都合扱いと同様です。

 

また、特定受給資格者と同じ所定給付日数となる受給資格者として、「期間の定めのある雇用契約の期間が満了し、かつ、当該労働契約の更新がないことにより離職した者(その者が当該更新を希望したにもかかわらず、当該更新についての合意が成立するに至らなかった場合に限る。)」とあります。

 

よって、自己都合扱いにはならないと考えます。

 

有期労働契約の場合、更新について納得ができないのであれば、会社と争うことになります。

 

そして、今回の場合は、試験の不合格理由が不当であるかどうかで判断されると考えます。

 

先の回答しましたが、更新についてどうしても納得がいかないのであれば労働局のあっせん制度を利用する方法があります。

 

離職理由について、心配であれば、雇用契約書を持参して公共職業安定所で確認してみてください。

 

 

hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験: 4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問