JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

当方小さな非営利団体(財団法人)で総務を担当しております。 当財団の臨時職員の契約更新について伺いたく,書き込みさ

解決済みの質問:

当方小さな非営利団体(財団法人)で総務を担当しております。
当財団の臨時職員の契約更新について伺いたく,書き込みさせてただきました。

当財団の臨時職員は,6カ月の有期契約(4~9月,10~3月)により働いてもらっています。
また,当財団の臨時職員に関する要綱については,
「第6条 臨時職員及び嘱託職員は,雇用期間の満了により当然に退職するものとする。」
とあります。

実は或る臨時職員が,本人に身に覚えのない事柄(直属の上司を陰で誹謗中傷している)等により,
一方的に「4月以降の契約は更新しない」と言われました。
この職員は,私が記憶している時点でも,通算して5年以上の勤務もあり,勤務態度等何ら問題はありません。
このことに本人はかなりショックを受けているようです。
(ただ,今後の勤務の意思についてはまだ確認していません)

身内の話でお恥ずかしいのですが,直属の上司に問題があると私自身は解釈しています。
なお,この職員は週20時間以上勤務の為,雇用保険に加入しています。

そこでお聞きしたいのですが,このケースは所謂「雇い止め」に該当するでしょうか?
仮に,雇い止めであった場合,事態の解決(収束)に向けて,どのような手続きをとるべきでしょうか?

長文で恐縮ですが,何卒ご教示くださいますようお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
6カ月の有期契約を繰り返して5年以上とありますが、契約更新の手続きはそ の都度書面でされているでしょうか。

労働契約の締結に際しては労働契約の期間、賃金、労働時間などの労働条件については書面による明示が必要とされています。特に有期労働契約の場合は雇い止めなどのトラブルが起こりやすいため有期労働契約の締結に際し労働者に対して更新の有無、更新がある場合には更新有無の判断基準を明示しなければなりません。

また1年を超えて継続雇用している場合、あるいは3回以上更新されていた場合には少なくとも期間満了の30日前までに予告をしなければなりません。

もっともこれまで複数回に渡って契約の更新をしているようですので反復更新後の雇止めに該当し解雇に関する法理が類推適用されると考えられ、正社員などの解雇と同様に客観的合理性と社会的相当性が必要となるでしょう。

勤務態度等何ら問題がないとのことであれば尚更解雇権の濫用として扱われる可能性が高いと考えます。

契約の更新の選択肢がないということであれば、通常の退職勧奨と同様何ヶ月分かの賃金の支払をすることで合意退職とすることがよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
takatukasa 様

この度は迅速な回答ありがとうございます。
回答の中で私が解る範囲でお答えさせていただきます。

先ず,労働契約の締結に関しては書面を取り交わしておりますが,
更新の有無や判断基準については明記されていません。
なお,当該文書には,以下のとおり書かれております。
******************************************************************
退職等
1 雇用期間が満了したときは,自動的に退職するものとして
改めて通知はしない。
2 職務怠慢あるいは服務が不適当と認めたときは,雇用期間内で
あっても解雇する。
******************************************************************

また,「30日前の予告」に関しては,本人に確認した時点では,一昨日の
12日に直属の上司から,口頭で更新しない旨の通告があったそうです。
(明らかに30日を切っています)

以上のことからも,先生ご指摘のとおり,「雇い止め」に該当すると思われ
ますので,明日本人に会って経緯や今後の意思などを確認した上で,
「解雇権の濫用」を争点として,何とか救済すべく掛け合ってみたいと思います。

この度は,ネットを使ったこのようなサービスを初めて利用させていただきましたが,
大変心強いです。本当にありがとうございます。

なお,「回答の承諾」については,今後の進展によっては再度お伺いさせていただく
ことも有るかと思いますので,勝手なお願いではありますが,その後にさせて
いただきたいと思います。

どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
そうですか、わかりました。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問