JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

パートタイマー契約で3年1ヶ月勤務しておりますが、3月31日を以って退職する考えです。 只、契約書には契約を解除

解決済みの質問:

パートタイマー契約で3年1ヶ月 勤務しておりますが、3月31日を以って退職する考えです。
只、契約書には契約を解除する場合、原則として1ヶ月前までに書面にて相手側に申し出なければならない。とありますが私は、精神的・肉体的に限度を迎えておりますので即、退職したいのですが如何でしょうか?   職場は介護施設で夜勤帯(18時~翌9時までの15時間勤務です。)  それと、有給休暇は1年で4日に付与ですが、これは妥当なのでしょうか?
約4ヶ月ほど前から赴任して来ました管理者の酷い命令、嫌がらせに疲れました。  アドバイスをお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
パートタイマーとのことですから有期労働契約ということですね。
有期労働契約者の契約期間中の退職については、「やむを得ない事由」がある場合にはただちち解約することができるとされています。
4ヶ月ほど前から赴任してきた管理者の酷い命令や嫌がらせによって退職するとのことであればやむを得ない事由に該当する可能性があります。

もっとも法律でも契約期間の初日から1年以後においては、申し出によりいつでも退職できるとされています。2週間まえにその旨を伝えることにより退職することが可能となります。そのため31日付けで退職することは可能と考えます。

また有給休暇については、週所定労働時間や労働日数によって変わります。
週30時間以上の場合には、入社の日から起算して6ヶ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した場合には、10日付与されます。またその後は1年6ヶ月11日、2年6ヶ月12日となります。

なお有給休暇については前年分のみ繰り越すことができるため使用可能日数については前年分+当年分となります。

一方週の週所定労働日が4日以下、所定労働時間が30時間未満の場合は、比例付与となり上記の日数を次の計算式に当てはめて計算します。(小数点以下切り捨て)

通常付与日数×週所定労働日数÷厚生労働省令で定める日数(現在5.2日)
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問