JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

3月末で退職願いを上司に提出したら後日、20付けに退職して欲しいと言われました。 理由は保険の更新なので20日が望

質問者の質問

3月末で退職願いを上司に提出したら後日、20付けに退職して欲しいと言われました。
理由は保険の更新なので20日が望ましいと。20日で退職か辞めるのを止めるかの
2択と言われました。
また25日は賞与の支給日なのですが支給日に在籍していないと貰えないので
個人的には末日で退職したいのですが、このような場合は会社の言う通りに20日で
退職する条件を受け入れないといけないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

会社から提示された退職日を20日にするか、退職をやめるかの選択については、貴方がどちらも望まないのであれば、応じる必要はありません。

 

会社に退職に関するルールが明文化してあれば、そのルールに従えばいいですが、多くは1か月前までに退職届を出すこと等のルールになっていると思います。

 

貴方がそのルールに従って3月末日での退職の意思表示をしているのであれば、会社が一方的に退職日をずらしたり、退職を認めないことはできません。

 

また、退職に関するルールがなければ、14日以上前に退職の意思表示を行えば、退職は可能です。

 

よって、貴方は会社の提示に応じるかは自由であり、応じる必要もないので、あくまでも3月末日が退職希望日であれば、それを通せばいいです。

 

貴方が末日での退職の意思表示をしているのにもかかわらず、20日での退職とした場合は解雇になり、会社都合での離職となると考えます。

 

そして、退職を認めない場合でも、末日以降は出社する必要もないです。

 

よって、貴方が望まないのであれば、会社の退職の条件を受け入れる必要はありません。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
20日退社を拒むと解雇となる可能性があるとのことですが
解雇となると個人的にこの先、転職する際に、不都合がでてこないでしょうか?
解雇=クビ というイメージがあるので・・・
次の転職先が4月4日からになり、あくまでも3月末に退職を望んでいます。
現在、退職願いを戻され20日に書き直して再度提出するよう言われております。
解雇を避け3月末に退社できる法的手段はないでしょうか。
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

 

基本的に解雇は30日前に解雇予告をするまたは解雇予告手当を支払うことが必要です。

 

しかし、なんでもかんでも解雇できるわけではなく、合理的な理由が必要で、合理的理由のない解雇は解雇権の濫用であり無効となります。

 

今回、会社があくまでも20日退職とした場合は、法的には無効となる可能性が高いのですが、それには法的措置が必要となります。

 

よって、あくまでも退職日については、3月末日で提出し、あとは会社の出方次第になります。

 

貴方が退職日を末日で出しても会社が20日で退職とするのであれば、法的な争いになったとしても3月末日の退職になると考えます。

なぜなら、解雇であれば不当解雇で無効となり、また退職日を会社が一方的に決めることも不当であるからです。

 

自分の退職希望日を通して会社と争うか、円満退職を望み会社の退職条件を受け入れるかの選択だと思います。

雇用・労働 についての関連する質問