JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

はじめまして。大阪で動物看護士をしております。小動物専門の動物病院で勤務して5年になるのですが、勤務時間が長いのと、

解決済みの質問:

はじめまして。大阪で動物看護士をしております。小動物専門の動物病院で勤務して5年になるのですが、勤務時間が長いのと、お給料がきちんと正確な額で支払われているのか疑問に思い、相談させていただきたくメールしました。

入社時 の面接では 
基本給13万円
1年に1度5千円の昇給あり
食事手当7千円
ガソリン代3千円
週休3日
有給は1年目は10日、2年目から14日間
ボーナスは年2回(5万円ですが、保険で差し引かれて5万円弱)
勤務時間は朝の8時半~20時(21時になることもあり)
各種保険も加入


このようなお話だったんですが、1年目の中頃から有給は全員10日にすると言って減らされ、
お給料も去年、5千円の昇給が3千円にされたんですが、理由を経営者の奥さんに聞いたところ、「不況だから・・・」とのこと。しかし、4月入社の私たちは減らされたのに、10月入社の子は5千円の昇給でした。

勤務時間も、医療に関係する仕事なので、まちまちではありますが、9時台がほとんどで、
昨日は夜の緊急手術が2件で先輩・後輩合わせて5人は家に帰れたのが10時過ぎでした。
もちろん残業手当などはついたことはありませんし、昨日みたいなことは何回もありました。

私の勤める職場はスタッフの人数が多いので、仕方ないのかともおもったんですが、
今更ながらにですが疑問に感じて、ぜひ専門家の方のご意見を伺わせて頂きたいです。
長文にて失礼しました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野を専門にしている社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

まず、入社時の面接でご質問内容のような条件を病院からお話しされたということですが、雇用契約書などは締結されていないのでしょうか?

労働者を雇い入れる際に使用者は賃金などの条件を書面で労働者に交付することにより明示することが労働基準法上、義務付けれらています。

 

 

労働時間に関しては労働基準法第32条に1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。

これを法定労働時間といいます。

 

会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に提出している必要があります。

しかし、 法定労働時間を超える労働に対して会社は労働者に割増賃金を支払う必要があります。

(賃金の請求権の時効は2年間となりますので法定労働時間を超えて労働していたことを証明できれば2年前に遡って請求できます)

 

 

また、昇給に関してはこれを行うことは使用者に義務付けられているわけではありませんが、雇用契約書等に記載されているのであれば昇給額を一方的に変更することはできません。

労働条件の不利益変更は労働者の同意が必要です。

 

 

有給休暇に関しては労働基準法第39条1項に使用者は雇い入れの日から起算して6カ月継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して10日の有給休暇を与えないといけないと定めてあります。(週の労働日数が4日以下、かつ週の労働時間数が30時間未満の場合はそれに応じた日数となります)

また、その付与日数は6カ月を超え1年6カ月までは11日、1年6カ月を超え2年6カ月までは12日、

その後は1年毎に2日ずつ増えて行きます。

(付与日数の限度を20日とし、その請求権の時効は2年間)

 

上記を下回るような定めを使用者が勝手に定めているのであれば違法となります。

 

 

経営者に改善を求めるべきですが、ご質問内容から判断すると病院経営者(実際は奥様?)の方は労働法に疎く、対応そのものが出来ないかもしれません。

 

他の従業員の方と協力して改善を求められるとよいでしょう。

 

 

労働基準監督署に申告すれば指導・是正勧告などをしてくれると思いますが、現実問題として結果的に貴方が職場に居づらくなる可能性もあります。

下記URLからメールにて匿名で情報を送ることもできますが、従業員の数が少ない職場では経営者によっては犯人探しをする可能性も否定できませんので慎重にご検討されるとよいでしょう。

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問