JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

残業時間の扱いはどのようにしたらよいのでしょうか。例えば10分超えたとか20分超えたとかの場合です。

解決済みの質問:

残業時間の扱いはどのようにしたらよいのでしょうか。例えば10分超えたとか20分超えたとかの場合です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野を専門としている社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

労働時間(残業時間)は、たとえそれが1分であれ労働時間としてカウントすることを要します。

これが原則ではありますが、下記の方法に従った端数処理は、事務簡便を目的したものと認められますので、違法とはなりません。

 

①1ヵ月における時間外労働、休日労働および深夜労働の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること。

 

②1時間当たりの賃金額および割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること。

 

③1ヵ月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、②と同様に処理すること。

 

ご質問内容が1日に生じる残業時間についての取り扱いについてであれば、1日を単位にした端数処理はできませんのでご注意ください。

1日については1分単位でカウントし、上記のような端数処理をすると違法となります。

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問