JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

部下からパワハラだと事実を大きく歪曲した上、中傷する文書を匿名で社長や人事担当役員に送られ、会社側はその真実を精査せ

解決済みの質問:

部下からパワハラだと事実を大きく歪曲した上、中傷する文書を匿名で社長や人事担当役員に送られ、会社側はその真実を精査せず、そのような文書が送られてきたという事実をとりあげて、直前の人事異動でポストアウトさせようとしています。対応策を教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

通常の人事異動は、人事権の行使として実施できるとされており、会社に人事権の裁量があります。

但し、人事権の行使が権利の濫用となるようなものは無効となります。

 

 

今回、貴方のパワハラが原因で会社は人事異動を実施しようとしているということですが、そのパワハラの根拠が匿名の文書だけで会社が事実確認をしていないことを理由に人事権の濫用を主張するとよいでしょう。

 

 

その文書がどの程度具体的なものか分かりませんが、曖昧なものであればそれだけでその文書の信用性を否定できると思います。

 

一方、具体的なものであり、貴方に全く身に覚えがなければ、その文書に書かれていることが虚偽であることを証明し易いでしょう。

 

 

しかし、今回の人事異動が無効となっても部下はまた同じことを繰返す可能性もあるので、会社に話し合いの場を作ってもらうとよいでしょう。

二人だけの話し合いだとそれもパワハラだと主張しかねませんので。

 

 

パワハラに関しては法律に明確な定めはないのですが、先日厚生労働省よりパワハラの定義が発表されたり、貴方に身に覚えがなくても相手がどう感じるかが重要なポイントとなりますので、パワハラを主張された側が不利であることは事実です。

もちろん、場合によってはパワハラを主張された側が名誉棄損などで損害賠償することも可能ですが。

 

部下もそのような行動をとることに何かしらの理由があると思いますので、第三者を交えた話し合いが必要でしょう。

上司と部下の間ではコミュニケーション不足が原因となり、パワハラへと誤解されるケースが多いようです。

 

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問