JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

大手電機メーカー勤務の管理職です。昨年4月まで国内販売会社の営業部長として従事しておりましたが、4月に今後中国での事

解決済みの質問:

大手電機メーカー勤務の管理職です。昨年4月まで国内販売会社の営業部長として従事しておりましたが、4月に今後中国での事業拡大の為販売指導、販売企画の出来る駐在員管理職が必要との事で販売部門から工場部門へ異動。異動時点で駐在時期を確認すると10月頃を目処としているとの口頭説明有。その後10月になっても一向に駐在への動き無し、12月に社内での構造改革が実施され特別キヤリア制度での転籍による希望退職制度の募 集面接があったため、駐在がないのであれば転籍の希望を申し出るも駐在を考えているので留まるようにとの説明がありました。しかしながら
現在も駐在の実施については時期は未定。今から自己都合での退職となると退職一時金の支給額
も特別キヤリア制度での退職金に比べて15百万円近く少なくなってしまいます。
駐在の約束が履行されなければ結局は嘘を言われて転籍の機会を失ったことになりませんでしょうか。こう言った問題では泣き寝入りしなければならないのでしょうか。
現在満50歳、昨年は営業部長職、現在は担当部長として部下無し処遇です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

会社が貴方の転籍を悪意をもってさせなかったことを立証できれば、退職一時金の差額について損害賠償請求できる可能性はありますが、現実的には難しいと思われます。

 

実際に駐在の方向で考えていたのが、事情が変わってなくなったかもしれないので嘘であるとは言い切れないこともあると考えます。

 

転籍の希望を脅迫されたなど違法な行為や不当に転籍をさせなかった等の行為があれば、損害賠償請求は可能だと考えますが、駐在の件で説明があったということだけでは、不当な行為だとはいえないため、退職一時金の差額についての請求は難しいと考えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

昨年4月時点においての異動の目的が明確に駐在員として販売会社より

事業部門への異動をするとの明確な異動理由があった場合に、その約束

が全く実行されないまま違う業務をさせると言うことに対しての意義申し立て

も出来ないのでしょうか。

退職一時金との差額請求は無理としても、約束を守らないことは申し立て

出来ないものでしょうか。

ちょっと会社のやり方に理不尽さをどうしても感じますが。

尚、異動目的の個人通知書の文書の控えは持っています。但し押印前の

もので人事には押印した同じものがあると思います。

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

異動などについての人事に関しては、会社に大きな裁量権があります。

 

よって、異動の内示があったとしても何かしらの理由で異動がなくなることもあり得るため、異動がなくなったことについて直ちに不当であるとは言えません。

 

会社と貴方の間で労働契約上、必ず駐在員として中国で勤務することが約束されているならば、契約違反となり不当であると考えますが、そこまでの契約はされていないのではないかと思われます。

 

貴方は駐在員として中国勤務することを希望しているのでしょうか?

 

異動が実現しない理由が不当な理由であれば、異議申し立てをし、異動の要求をしていくことは可能であると考えます。

 

一度、異動が実現しなかった具体的な理由を確認する必要があると思います。

 

その理由が特に不当でなければ、異議申し立て等を行ったとしてもやはり、会社に人事の裁量権はあるため、今回は難しいと考えます。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。
駐在が主たる目的で人事異動は実際に行われて
一旦異動してますが、目的の駐在が果たされない
状況です。自身としては、中国での仕事をする為に
異動してきたので、トライしたいと思っています。
中国駐在が無ければ今の部門には私の担当する業務が
ほとんどなく。窓際族になってしまいますが、給料
くれるなら仕事がなくても黙っているほうが得と
考えるべきでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。
駐在が主たる目的で人事異動は実際に行われて
一旦異動してますが、目的の駐在が果たされない
状況です。自身としては、中国での仕事をする為に
異動してきたので、トライしたいと思っています。
中国駐在が無ければ今の部門には私の担当する業務が
ほとんどなく。窓際族になってしまいますが、給料
くれるなら仕事がなくても黙っているほうが得と
考えるべきでしょうか。

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

そうですか。

 

異動はされたが中国での駐在がなされていないのですね。

 

では、なぜ中国の駐在が果たされていないのでしょうか?

 

果たされない理由は業務上の都合なのか、または別の問題なのでしょうか?

 

また、現状いまの部門で担当する業務がほとんどないとはどういうことでしょうか?

なぜ担当業務がほとんどないのでしょうか?

 

通常で考えますと会社は給料を払っている限りは、その分の仕事はしてもらいたいと思うのですが、わざと仕事を与えないということでしょうか?

 

退職させる目的で仕事をあえて与えないということをする会社もあり、退職目的であれば不当な行為であると考えます。

 

しかし、いまは給料をもらえても、仕事が無い状況が続けば、いずれ退職する方向になると思われるので、給料をもらっている間に転職活動も考えたほうがいいと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
元々駐在する為に現在の部門に異動して来た為に誰かから引き継ぐなどの業務が元々ありません。
ですから、特に決まった業務がある訳ではないために明確な担当業務がありません。
最近判ってきたことは、日本側は駐在を予定していたが、現地受け入れ側の合弁会社とは
事前になんら了解もとっておらず、現地側の経費負担の問題で相互に綱引き状態で話しが進まないようです。当面は給料はそこそこ貰えるので、現状維持しながら次回の早期希望退職の機会を伺うしかないと
思います。
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

そうですか。

 

ということは、会社のやり方には問題があったとは思いますが、特に悪意があって駐在をさせていないということではないですね。

 

そうしますとやはり、異議申し立て等をしたとしても難しいと考えます。

 

あとは、会社に別の部署への異動や具体的な業務を担当させてもうらうよう要望していくか、話が進まないようであれば、転職も選択肢の一つと考えます。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問