JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

パートで勤めているもです。 同じ部署で15分の始業時間のずれがありま。作業流れで関連しています。  ときどき残業で1

解決済みの質問:

パートで勤めているもです。 同じ部署で15分の始業時間のずれがありま。作業流れで関連しています。  ときどき残業で15分のずれを関係なしに同じ時間に終了させられてしまいます。 月何度かあれば 全体で労働時間が変わり、金額も変わります。 同仕事をしていて金額が変わるのは納得がいきません。 何度か抗議しましたが改善してくれません。 法的指導することはできるのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答させていただきます。

 

相談内容ですが、残業を15分しているのに、その15分については、賃金が支払われていないということでしょうか?

 

15分についての賃金が支払われていないということであれば、未払い賃金となり労働基準法違反となります。

 

出勤簿などに貴方が残業した15分についての記録は残っていますでしょうか?

 

残っていなければ、自分で思い出せるだけ思い出して、書面で記録しておいてください。

 

まずは、残業を行っている記録をもとに現状は労働基準法違反であるため、会社に未払い賃金の請求をしてください。

 

請求に応じてくれない場合は、労働基準監督署に出勤簿、過去の給与明細書等を持参して法違反の申告をしてください。

労働基準監督署より会社に指導・是正勧告が行われると思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

残業代が払われていないのではあっりません。 残業する権利を、同じ部署で平等に与えられないという抗議です。

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

貴方の具体的な通常の就業時間は何時から何時まででしょうか?

 

例えば、9:00~17:00までが通常の就業時間であるのに終業時間が15分早い16:45に終わってしまい、その分の給料が少なくなるということでしょうか?

 

上記であれば、一部の例外を除いて、会社の都合で時間が短くなるのであれば、会社は平均賃金の60%以上の休業手当を支払うことが義務付けられています。

 

よって、会社の一方的な時間短縮であれば、労働基準法に基づいて短縮された時間分の賃金について休業手当を請求してください。

 

例えば、9:00~17:00までが通常の就業時間であり、17:00以降の残業をさせてもらえないということであれば、法違反とはいえません。

 

しかし、他の従業員は残業をさせてもらえて、貴方だけがさせてもらえないのであれば、それについて合理的な理由がなければ、差別的取り扱いと考えられ、不当であると考えます。

 

差別的取り扱いについては、実際には会社と争うことになり、労働局のあっせん制度や訴訟を起こすことになるので現実的ではないと考えます。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問